せんべい、おかき、あられの違い

長い間、日本人に親しまれてきた和菓子の一つと言えば、せんべいやおかきにあられ。これらのお菓子が米菓と呼ばれるようになったのは昭和になってからのことです。

いまや米菓と言えばこれらのお菓子が思い起こされますが、この3種の違いはわかりますか?
普段あまり気にすることなく食べていると思いますが、今回は、せんべいとおかきとあられの違いや発祥についてご紹介します。

せんべいとおかきとあられの違い

せんべい、おかき、あられの違いは、作り方ではなく原料の違いです。3種とも原料は米ですが、せんべいの材料はうるち米、おかきとあられはもち米です。おかきとあられはもち米を原料にしているため火を通した時に膨らみやすく、食感がせんべいと比べて柔らく感じます。

そして、あられとおかきの違いは大きさの違いです。大きいものがおかきで、小さいものがあられです。あられの代表的なものにひなあられがあります。昔は材料や大きさの違いだけではなく、作り方や食べる人にも違いがあったそうですが、現在は材料と大きさの違いで呼び方が分けられています。

また、あられは主に関東を中心に広まった呼び方で、おかきは関西を中心に広まった呼び方です。そのため、関西ではあられのような小さい米菓のこともおかきと呼ぶことがあります。作り方や、塩味や醤油味、甘い味などの味付けは関係ありません。ただ、最近では原料はもち米ですが、見た目がまるいのでせんべいと呼ばれている米菓もあるようです。

せんべいの由来

せんべいは、うるち米を原料にして平べったく焼いたものです。うるち米は粘り成分がもち米より少ないため膨らみにくく硬めの食感になります。せんべいには米から作られる塩せんべいのほかに、小麦粉から作られる瓦せんべいもありますが、一般的なせんべいと言えば米を原料にしたものです。

せんべいの発祥には諸説あり、埼玉県の草加にある団子屋さんのおせんさんという人が、旅人から教わってあまった団子の残りを平たく潰して焼いたのが始まりであるとか、平安時代の僧である空海が中国から持ち帰ったものであるとか、千利休(せんのりきゅう)の弟子が考案したのが始まりであるとか、いろいろと言い伝えがあるようです。

また、間食のお菓子として広まったのは室町時代以降であり、江戸時代になって多くのせんべい屋さんが誕生しました。江戸時代のせんべいは、小麦粉に砂糖を混ぜて練って焼いたものでした。中でも塩せんべいは下級品とされ、農家が残り飯を煎(い)って蒸し、塩を混ぜて伸ばしてから竹筒で丸形に抜き、天日干しして炭火で焼いたのが始まりとされています。

現在のような塩せんべいに醤油が塗られたものが出始めたのは1645年以降で、江戸に近い町屋、千住、金町、柴又、草加などで繁盛しました。奥州街道の宿場町でもあった草加の草加せんべいは、塩せんべいを代表するせんべいとして広く知られるようになりました。

せんべいの名前の由来は、団子屋さんのおばさんの名前がおせんさんだったことから「おせんべい」と名付けられたという説や、千利休の弟子だった幸兵衛さんの名に因んで、師匠である千利休から「千」をもらい、自身の「幸兵衛」をつけ「千幸兵衛」が省略されて「せんべい」になったという説があるようです。

おかきの由来

おかきもせんべいと同じように材料は米ですが、米の種類はせんべいがうるち米、おかきはもち米です。そしてあられより大きいものをおかきと言います。ただ、大きさに明確な決まりはないようです。

おかきは、正月に神様にお供えした鏡餅を槌(つち)を使って欠き割ったものを揚げたり焼いたりしたもので、昔はどこの家でも作られていた庶民の味でした。名前も由来は、欠いた餅=欠きもちという意味で、室町時代の宮中で女性が「お」を付けて「おかき」と呼ぶようになり、現在の「おかき」となったと言われています。つまり、おかきは京言葉なのです。

あられの由来

あられの名前の由来は、冬に空から降ってくる氷の粒のあられほどの大きさであるという説と、餅を砕いて鍋で炒る音があられの降る音に似ているからという説があります。あられは、奈良時代の宮廷ではおもてなし料理として作られ、唐の国など海外からのお客様用に出していました。

当時のあられは今のような食べやすいものではなく、米粒を炒ったものでした。あられとおかきとの違いは大きさで、おかきより小さなものをあられと呼びます。あられは主に関東地方の呼び方で、関西地方ではあられのこともおかきと呼んでいるそうです。

柿の種の誕生はうっかりミスから

おやつやおつまみとして人気の米菓と言えば柿の種ですが、柿の種はもち米を原料とするあられです。柿の種を最初に作ったのは、新潟県長岡市にある米菓子メーカの浪花屋さんです。創業当初はうるち米のせんべいを作っていましたが、その後、大阪のあられ作りを取り入れもち米を使ったあられを作るようになりました。

当時はすべて手作業で薄くスライスしたもちを何枚かに重ね、小判型の金型で切り抜いて作っていましたが、ある日、その金型をうっかり踏み潰してしまい、元に直らずそのまま使用したところ、歪んだ小判型のあられになってしまいました。
そんなあられを持って商いをしていたところ、ある主人から「こんな歪んだ小判型はない。形は柿の種に似ている」と言われ、そのヒントから大正13年に柿の種が誕生しました。

日本人の食文化の中で長年親しまれてきたせんべい、おかき、あられ。その違いは原料と大きさだけですが、お菓子売り場には食感や味も種類も個性的なものがたくさん並んでいます。

今度食べる機会がある時には、名前の由来や歴史を思いながら、それぞれの食感の違いを味わってみてはいかがですか。

「For your LIFE」で紹介する記事は、フマキラー株式会社または執筆業務委託先が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成しておりますが、完全性、正確性、または適時性等を保証するものではありません。