カミキリムシの生態や種類を解説。予防・駆除する方法は?

カミキリムシの生態や種類を解説。予防・駆除する方法は?

触覚が長く堂々とした風貌のカミキリムシ。昆虫好きな人が見つけたら、思わずテンションが上がるもののひとつではないでしょうか。

カラフルな種類の多いカミキリムシはコレクターにも人気の昆虫である一方、樹木を加害するやっかいな存在としても知られています。特に幼虫は樹木の内部を食い荒らし、まるで鉄砲で打ち抜いたかのように穴をあけてしまうことから、「テッポウムシ」とも呼ばれています(幼虫が潜んでいる薪を焼き上げた際の破裂音が、その名の由来になったという説もあります)。近年では、さまざまな樹木に害を及ぼす外来種「クビアカツヤカミキリ」が日本各地で発生し、サクラやモモ、ウメの木などで被害が確認されています。

そこで今回は、カミキリムシの生態や種類について解説し、発生を予防する方法や、駆除の方法についてもご紹介いたします。

カミキリムシとは

カミキリムシとは

カミキリムシは、コウチュウ目(鞘翅目)カミキリムシ科に分類される甲虫の総称です。カミキリの意味を「紙切り」や「噛み切り」と思っている方も多いと思いますが、漢字で書くと「髪切虫」。噛む力が強く、髪を切ってしまうほどだったことからその名がついたとされます。また、長い触覚を牛の角になぞらえ「天牛」と呼ばれるほか、触覚が長いことから「Longhorn beetle(英名)」とも呼ばれます。

生態

生態

カミキリムシは、卵から成虫になるまでに蛹の期間を経る「完全変態」の昆虫です。木の中で暮らしていた幼虫が56月頃に羽化し、木に大きな穴をあけて成虫として現れます。

産卵時期は6~10月(最盛期は6~7月頃)で、樹木の幹の中に卵を産みつけます。代表的なゴマダラカミキリを例にとると、産卵数は平均200個、卵は7~10日で孵化します。幼虫として翌年5月頃まで幹の中で成長し、蛹の時期(20~30日)を経て羽化します。ただし、最盛期を過ぎ涼しくなってから産卵され、孵化も遅かった幼虫の場合、成虫になるまで1年以上かかるものもあります。

カミキリムシの幼虫は木の幹の中に生息し、その内部を食べて成長します。そして成虫になると、木の皮を食べるもの、植物の葉や茎を食べるもの、花の蜜を吸うものなどに分かれます。樹木を食害するやっかいもののイメージをもたれがちですが、多くのカミキリムシはすでに枯れた木を食べて分解します。自然の循環サイクルを促すうえで、とても大切な役割を担っているのです。

特徴

特徴

自分の体長よりも長い触覚は、雄のほうがより長く、長さの違いで雌雄を判別することができます。また、「髪を切る」ほどの強力なアゴも、同じ構造をもつクワガタよりさらに強力であるといわれます。種類によって異なりますが、日本でよく見るゴマダラカミキリの成虫は体長25~35mmほど。なかには色鮮やかな体をした種類もあります。

活動時期

種類によって異なりますが、成虫の活動時期は5~10月です。卵は、初夏から秋に木の中に産みつけられます。孵化した幼虫はそのまま越冬、成虫として地上に飛び出す日まで木の内部で育ちます。

カミキリムシにはどのような種類がいるの?

世界には約37,000種、日本には約750種が生息しています。ここでは、比較的よく見られる種類についてご紹介いたします。

ミドリカミキリ

細長い体と長い脚が特徴で、体長1222mm。体は美しい光沢のある緑色で、胸部に赤みを帯びたものもいます。北海道、本州、四国、九州など全国的に分布し、活動時期は5~8月。平地から針葉樹林域まで広く生息し、成虫はクリの花やガマミズの花に集まり、幼虫はシイタケの榾木(ほだぎ)などを食害することがあります。

ゴマダラカミキリ

長い触覚と、黒い体に白い斑紋が特徴。体長2535mmと、カミキリムシのなかでは中程度の大きさです。北海道、本州、四国、九州など全国的に分布し、活動時期は5~9月。森林や雑木林、住宅地でも緑のある場所などに広く生息し、クワの木やイチジク、バラ科の植物などをエサにします。

キイロトラカミキリ

黄色い体に黒い斑紋が特徴で、体長1321mmです。本州、四国、九州、種子島、屋久島などに分布しています。活動時期は5~8月。花の蜜や花粉などをエサとし、シイタケの榾木などによく集まります。

ノコギリカミキリ

黒褐色でずんぐりとした体型、体長2348mm。太くギザギザした触覚も特徴です。北海道、本州、四国、九州などに分布し、活動時期は5~9月。コナラやクヌギなど広葉樹の樹皮や樹液をエサとし、幼虫は針葉樹やクヌギなどの朽木で育ちます。

クビアカツヤカミキリ

光沢のある黒色で、体長2238mm。頭部の下(前胸の一部)が赤くなっているのが特徴です。中国や台湾、朝鮮半島、ベトナムなどに分布していた外来種で、国内では栃木、群馬、埼玉、東京、愛知、大阪、徳島などで確認されています。活動時期は6~8月で、サクラやモモ、ウメなどおもにバラ科の樹木を食害します。

カミキリムシが現れやすい場所・条件

キャンプでともすランタンの灯りを目がけてカミキリムシが飛んできた、という経験のある方もいるのではないでしょうか。カミキリムシは灯りに集まる習性があり、高速道路のサービスエリアや郊外のコンビニの照明付近で見かけることもあります。このように夜行性で街灯の光に集まるもののほか、昼行性のもの、さらには昼夜に関係なく活動するものなど、種類によってもさまざまです。

またカミキリムシには、木の皮を食べるもの、植物の葉や茎を食べるもの、花の蜜を吸うものがいるため、樹木や果樹、花木、庭木などさまざまな植物に集まります。

カミキリムシによる被害

きれいな光沢・カラフルな色や模様など、種類も豊富で虫好きに人気のカミキリムシですが、大切な樹木や植物を食害される人にとっては事態が深刻です。ここではカミキリムシの被害についてご説明いたします。

幼虫による被害

幼虫の食害によって枝が枯れたり、木の中に空洞ができたりします。このため、台風などの強風時に木が折れてしまうといった被害を受けることがあります。

成虫による被害

カミキリムシは、柑橘類、ヤナギ類、イチジクやナシなどの果樹、モミジ、クリ、シイなどさまざまな樹木を食害します。国内で増加する外来種のクビアカツヤカミキリによって、サクラやモモ、ウメなどおもにバラ科の樹木への被害が増えて、生産者たちを悩ませています。

人を噛むの?毒はあるの?

カミキリムシには毒はなく、人に対して攻撃してくることもありません。しかし強力なアゴで噛む力は自分の体重の20倍以上、人間に置き換えると約1トンもの強さに相当するといわれます。素手でつかむときは、噛まれないように十分注意しましょう。

カミキリムシの予防対策・駆除方法

カミキリムシの予防対策・駆除方法

カミキリムシは種によって、樹木だけでなく花などを食害することもあります。大切な庭木や花などの植物を守るために、予防対策や駆除方法についてご紹介いたします。

樹勢を強くする

弱った木などに住みつきやすいので、日ごろから樹勢(樹木の生育状態)を強くしておくことが大切です。庭木を強く丈夫に育てるには、成長過程に応じて肥料を与える必要があります。とはいえ、与え過ぎると根が傷んでかえって弱くなる場合もあるので、時期や量などに十分注意しましょう。

防除ネットでカバーする

成虫を庭木や植物に近づけてしまうと、食害だけでなく卵を産みつけられるおそれがあります。庭木を予防するのは大変な作業ですが、プランターなどの場合は、防除ネットをかけておくことで成虫の侵入を防ぐことができます。

老木や弱った枝はできれば取り除く

成虫は、樹勢の弱った木に住みつき、そこを産卵場所とする傾向があります。枯れて弱っている枝などを見かけたらせん定するようにしましょう。

日ごろから穴がないかチェックする

庭木などに穴を見つけたら、木の中にカミキリムシの幼虫が生息しているおそれがあります。穴のまわりに木くずがないかもチェックしてみましょう。

雑草などはこまめに刈っておく

庭木や植物の周りに雑草が生えていると、その陰に隠れたカミキリムシを見逃してしまうかもしれません。こまめに刈っておくようにしましょう。

幼虫は穴からかき出す

庭木などに穴があいて中にカミキリムシの幼虫が入っていそうな場合は、針金などを使って穴からかき出して駆除することができます。かき出すのが難しい場合は、穴から殺虫剤を注入するのがよいでしょう。

まとめ

大切な庭木や植物をカミキリムシの被害から守るため、今回ご紹介した予防法を参考に、先手先手の対策をおすすめします。そして、成虫の姿や幼虫が潜んでいそうな穴を見かけたら、速やかに駆除してください。

できれば自身の手で駆除したくないという方は、カミキリムシを近づけないよう、樹勢を強くすることから心がけましょう。


フマキラー『カダン お庭の虫キラーダブルジェット』

カミキリムシの駆除には「カダン お庭の虫キラーダブルジェット」がおすすめです。超速効殺虫成分「イミプロトリン」の働きで、100種類以上の害虫に効果を発揮。キイロトラカミキリとノコギリカミキリに効果が実証されています。
※植物に直接スプレーしないでください

「For your LIFE」で紹介する記事は、フマキラー株式会社または執筆業務委託先が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成しておりますが、完全性、正確性、または適時性等を保証するものではありません。