最強・凶暴なスズメバチ対策!

夏から秋にかけて、野山へ出かけたり、ハイキング中にハチに刺されたというニュースをよく耳にします。ハチの中でも特に危険なスズメバチに関するニュースが多いようです。

またハチは黒っぽい服を着ていると攻撃してくるというのは本当なのでしょうか?今回は、色々なハチがいる中でも、特に危険なスズメバチに注目してみました。

スズメバチの種類

スズメバチの種類

ひと言でスズメバチと言っても、オオスズメバチ、キイロスズメバチ、コダカスズメバチ、モンススズメバチ、ヒメスズメバチ、ツマアカスズメバチなど、日本には17種類のスズメバチが生息しています。

この中でも大型で凶暴なハチが、オオスズメバチです。体長は、女王バチが約40~45mm、働きバチが約30~40mm。北海道から九州にかけて4月~10月頃に見られます。

スズメバチの捕食性

スズメバチの成虫は、樹液、花の蜜、熟した果物、アブラムシやカイガラムシが出す汁、砂糖を含んだジュースなどに集まります。
また、幼虫のエサとして、チョウ、ガの幼虫、セミ、ハエ、アブ、バッタ、甲虫類、他の種類のハチなどの様々な昆虫や、カエル、ミミズなどの小動物を捕食します。
また時には、他のスズメバチの巣やミツバチの巣を集団で襲って、さなぎや幼虫を根こそぎ捕食するケースもあるそうです。

スズメバチの攻撃性

スズメバチは肉食で人を攻撃するイメージが強いですが、巣に近づきさえしなければ襲われることはないと言われています。スズメバチが人を襲うのは、巣に近づく外敵から巣を守ろうとする防衛本能によるものです。

ただ、偶然巣に近づいてしまった場合には、すぐに巣から離れることです。

スズメバチの一生

スズメバチには女王バチと働きバチがいて、みんなで助け合って子どもたちの世話をします。
女王バチは冬を越して春に巣を作り、卵を産みます。

巣の中では、幼虫は小さな部屋の中で育ち、子どもを産まないメスの働きバチによって、噛み砕かれた虫のエサがあたえられます。グループが大きくなるにつれて巣も大きくなります。

スズメバチの仲間は、普通4~5月にかけて越冬から目覚めた女王バチが、一匹で巣作りを始めます。
7月頃に働きバチが羽化してくると巣は急速に発達します。働きバチが数千匹にもなるキイロスズメバチのような種類のハチもいます。巣に近づくと、攻撃される被害は7~10月に集中しています。
秋になると巣から新しい女王バチと雄バチが生まれ、それらが交尾します。
交尾後、新女王バチのみが越冬します。前の女王バチ、働きバチ、雄バチは越冬前に死んでしまいます。つまり、スズメバチの巣はどんなに大きくても1年限りとなり、毎年新しく作られるのです。

スズメバチは害虫!

ハチの害といえば、人や家畜を刺して毒液を注入することです。群れをなして襲われると、時には人や牛馬でさえも死ぬこともあります。

しかし、ほとんどのハチは攻撃を受けた時以外、自分から針を使うことは少ないのです。刺されるととても痛く、一度ハチに刺された人が再び刺されると、アナフィラキシーといって、場合によっては死に至る場合もあります。

スズメバチに刺されないための対策

肌を出さない、黒いものは避ける

肌を出さない、黒いものは避ける

なるべく肌を出さないようにする。スズメバチの生息地に入る時は、黒っぽい服を身につけないことが大切です。
スズメバチは黒いものを見ると攻撃する習性があります。このため頭の髪の毛も帽子などで隠した方がいいと言われています。

巣に近づかない

巣に近づかない
ハチの巣を棒で叩いたり、石を投げたりして、刺激をあたえてはいけません。もし知らずに巣に近づいてしまい、ハチに襲われそうになったら、目を刺されないように、顔を腕で隠しながら、すぐにその場から逃げることです。

反撃せずに、とにかく逃げる

攻撃していると思われないよう、腕で追い払ったり、暴れたりしないこと。もし逃げられないと思った時は、地面に伏せるなど、できるだけ低い姿勢をとり、顔や頭を隠して、ハチの動きが静まるまでじっとしていることです。

もしスズメバチに刺されたら

もしスズメバチに刺されたら

刺された箇所をすぐに冷やします。
ポイズンリムーバー(毒抜き器)があれば使用法に従い毒抜きをします。もし目の周りを刺されたり、気分が悪いなど全身症状がある場合や冷や汗や震えなどショック症状を起こしたら、すぐに病院に行ってください。

ハチ対策剤

ハチ対策剤

フマキラーでは、様々なタイプのハチ殺虫剤を取りそろえています。
スズメバチなどに効くスプレータイプの殺虫剤「ハチ・アブバズーカジェット」「ハチ・アブダブルジェット」なら、持続殺虫成分が巣を作りそうな場所にあらかじめスプレーしておけば、ハチを寄せつけません。
巣に戻ってきたハチや新たに孵化したハチにも効果を発揮するので、巣ごと退治できます。

ハチ激取れ」は、庭木に吊るすだけで危険なハチをキャッチできる誘引捕獲器です。

ハチ・アブダブルジェット

「For your LIFE」で紹介する記事は、フマキラー株式会社または執筆業務委託先が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成しておりますが、完全性、正確性、または適時性等を保証するものではありません。