カイガラムシが発生する原因とは?カイガラムシの退治方法と予防対策

カイガラムシが発生する原因とは?カイガラムシの退治方法と予防対策

カイガラムシは、庭木や草花、野菜や果樹、観葉植物などに発生し、葉っぱや茎にくっついて植物を弱らせる害虫です。

植物を育てる上ではとても厄介な存在で、吸汁(きゅうじゅう)によって植物の生育に悪影響を及ぼしたり、排泄物や分泌液に含まれる糖分が原因で、「すす病」が発生したり、アリやアブラムシなどが寄ってきたり…。

そこで、ここではカイガラムシについて学び、大切な植物を守るためとるべき対策について解説していきます。

カイガラムシの分類

カイガラムシと聞いて「貝殻虫?」と思った人もいるかと思いますが、漢字では「介殻虫」と書きます。カイガラムシは学名をCoccoideaと言い、カメムシ目ヨコバイ亜目腹吻群カイガラムシ上科に分類される昆虫の総称。カメムシやセミ、アブラムシなどの仲間とされています。

ひとくちにカイガラムシと言っても、その形態や生態は実にさまざま。植物の分布するすべての地域に特有の種類が分布し、世界では約7000種類以上、日本国内においても約400種類のカイガラムシが報告されています。

カイガラムシの特徴

アブラムシやキジラミなど腹吻群(ふくふんぐん)の昆虫は、基本的に細長い口吻(口針)を植物の幹や茎に差し込んで、養分を吸汁しながら生活しています。こうした腹吻群の中でもカイガラムシの多くの種は、植物に寄生したあとはほとんど動くことなくその場で養分を摂り続けるため、足が退化する傾向にあります。

ただし、中には一生自由に動き回ることができる種や、卵から孵化したばかりの1齢幼虫の時だけ脚があって自由に動き回り、2齢幼虫以降は脚が完全に消失するものもいます。

植物に寄生して吸汁して育つのは雌のみ。雄は季節的に出てきたり、植物が枯れそうになると移動するために翅(はね)を持った雄があらわれます。

カイガラムシの見た目

カイガラムシは体長1~10mmほどの小さな虫ですが、姿かたちがさまざまで、丸いものや細長いもの、殻に覆われたもの、綿のようにふわふわしたもの、小さなトゲトゲがたくさんついたものなどがいます。

成虫になると雄と雌でまったく違った形態・生態になるのもカイガラムシの大きな特徴です。植物に固着して生活する雌に対し、雄はサナギを経て翅・足・触覚を持った成虫になります。

カイガラムシの種類

世界中に約7000種類以上いるとされるカイガラムシは、雌成虫の形態や生態によりいくつかの科に分類されています。ここでは日本に分布する代表的なカイガラムシ4種について紹介します。

種類 体長 特徴 発生場所
ハカマカイガラムシ科 雌成虫は2~4mm程度 ほとんどのカイガラムシが脚を退化させる中、立派な脚があり、最も原始的なカイガラムシと言われる種類です。白い石膏のようなロウ物質で覆われています。 落ち葉の下や土の中で生活している
ワタフキカイガラムシ科 雌成虫は10mm前後 赤褐色の楕円形の体の後部に白い大きな卵のうを付けています。雄は赤褐色の体に翅があり、体長3mm前後と雌よりも小柄。ツノロウカイガラムシとも呼ばれています。 ミカンなどの柑橘類に多く、ナンテン、カキ、ビワ、アカシアなど多様な樹木に寄生
コナカイガラムシ科 雌成虫2.5〜4mm程度 白い綿毛のような分泌物で覆われただけの、ダンゴムシに毛が生えたような見た目が特徴。成虫になるとほとんどの種が硬い殻に覆われ動かなくなるなか、足や触覚があり動き回ることができます。 カキ、ブドウ、ナシ、柑橘類に多く発生
カタカイガラムシ科 雌成虫3~10mm 体が厚いロウ物質で覆われているカイガラムシの種類。ツノロウムシ、ルビーロウムシ、タマカタカイガラムシなどがこの種に属しています。 柑橘類をはじめ、ツバキ、サザンカ、月桂樹などに発生

カイガラムシの発生・原因

カイガラムシは、5~7月の繁殖期をピークに発生しますが、温かい室内にある観葉植物などの場合は通年を通して発生する可能性があります。

カイガラムシが発生する原因については、「繁殖」「衣服や持ち物に付着して持ち込む」「風で飛んでくる」といったケースが考えられます。それぞれ見ていきます。

繁殖によるケース

硬い殻を持ち、植物に固着して生活する雌成虫に対し、成虫になった雄の寿命は数時間から数日。口が退化し、交尾を終えた雄は一生を終えます。交尾を終えた雌は産卵し、体の下や体内で卵を育て羽化します。幼虫は1mm前後と小さいため、よほど注意していない限り見つけるのは困難です。

ちなみにカイガラムシの中には雄が見つかっていない種も多くあり、それらの種は雌だけで単為生殖によって繁殖しているとされています。

また、カイガラムシは暗くてほこりっぽい場所を好むため、室内がそのような環境になっていると繁殖しやすく増えてしまう原因となります。

カイガラムシの繁殖

カイガラムシは卵胎生(らんたいせい)という「雌が卵を胎内で孵化させて子を産む」特殊な繁殖様式を持っています。(種類によっては卵で産むものもいます)

また、カイガラムシの成長サイクルは種類により異なりますが、農業害虫の「フジコナカイガラムシ」の場合、(最適気温28℃の条件下で)交尾から産卵まで12日、卵から孵化までが7日、孵化から成虫になるまで24日です。

衣服や持ち物に付着して持ち込むケース

着ている洋服やカバンなどの持ち物にカイガラムシの幼虫が付着して、気づかず家の中に持ち込んでしまうといったケースがあります。屋外でなくても観葉植物などが置いてある場所で付いてしまうこともあるため注意が必要です。

風で飛んでくるケース

カイガラムシはほこりっぽい場所を好むため、こまめに部屋を掃除している…。そんな人でも、室内を換気しようと窓を開けたとき、カイガラムシのように小さい虫は風にのって窓から入ってしまうケースがあり、完全に侵入を防ぐことは難しいです。

カイガラムシによる被害

カイガラムシが植物に寄生することによる被害は、その植物の美観を損ねること。そして吸汁されることで生育に悪影響を及ぼすといった大きく2つの被害が挙げられます。

植物に寄生したたくさんのカイガラムシをそのままにしておくと、梢や葉の出方が悪くなったり、葉枯れ・枝枯れを招くことになります。

続いては、カイガラムシが寄生することで起こるさまざまな問題について見ていきます。

すす病

「すす病」とは、庭木や観葉植物などの枝葉がその名の通り“すす”のように黒ずんでしまう病気です。カイガラムシの排泄物や分泌液には、植物から摂取した余剰な糖分が大量に含まれていて、この糖分を栄養分として「すす病菌」が繁殖することで発症します。

こうやく病

「こうやく病」とは、カビの一種である「こうやく病菌」によって引き起こされる樹木の病気です。カイガラムシの中には、こうやく病菌と共生して樹木にこうやく病を引き起こすものがいます。

発病すると、枝や幹の表面に赤褐色や灰色の分厚いフェルトのようなカビが発生。はじめは円状で、やがては幹を包むようにどんどん増殖していきます。カビに覆われた枝は美観が損なわれるだけでなく、枝枯れなど生育に大きく悪影響が出ます。

アリやアブラムシを誘引

カイガラムシは、寄生した植物から必要な栄養分だけを体内に取り入れて、不要な糖分は排泄物として体外に排出する習性があります。この排出物には高濃度の糖分が含まれていて、アリやアブラムシの大好物。

カイガラムシが寄生した植物には、アリやアブラムシなどが集まってきてしまうため、カイガラムシを見かけたら早めに駆除することが不可欠です。

カイガラムシの予防・駆除について

カイガラムシは、成虫になると硬い殻やロウ物質などに覆われてしまうため、薬剤による効果はあまり期待できません。

幼虫の時期であれば薬剤を散布して駆除することができますが、その存在に気づくのは「すす病」など植物に何らかの悪影響が出てから。大切な植物の場合、葉っぱの裏などをこまめにチェックすることをおすすめします。

「卵」は拭き取って駆除

大切に育てている観葉植物などは葉裏をこまめにチェックしましょう。カイガラムシの卵を見つけたら、布ティッシュなどでていねいに拭き取ります。

「幼虫」は殺虫剤で駆除

「幼虫」は殺虫剤で駆除

カイガラムシをひとつひとつ手で取り除くのは根気のいる作業です。また、葉が多く重なり合っているものや多肉植物などの場合、手作業では困難なうえ傷つけてしまう恐れがあります。そんなとき、幼虫であれば殺虫剤の使用がおすすめです。

殺虫剤をスプレーするときは、必ず植物を外に出して行いましょう。カイガラムシが発生している患部に、少し離れた位置からスプレーします。

「成虫」は手作業で駆除

硬い殻やロウ物質に覆われたカイガラムシの成虫には、殺虫剤もあまり期待できないため、手作業で植物から取り除いていきます。

成虫をこすり落とす

歯ブラシやヘラなどを使いこすり落としていきます。このときカイガラムシの体液が出てくる恐れがあるため、作業の際は必ず手袋をすることをおすすめします。

成虫がついた枝などを剪定する

植物の枝などにカイガラムシがびっしりと張り付いてしまっている場合、思いきってその部分を剪定するという方法もあります。

【注意点】
カイガラムシを取り除いたり、剪定したりする際は、落としたカイガラムシを地面に残したままにせず、ビニール袋などで始末しましょう。また、カイガラムシを衣服に付着させないためにも、駆除するときはツルツルとしたウインドブレーカーなどナイロン系の服がおすすめです。

駆除のあとは予防も忘れずに

一度カイガラムシが発生した植物は、ほとんどの場合その次の年にも発生します。そこで、冬の間に薬剤を使用して翌年の発生を防ぎましょう。

冬は植物が休眠状態にあり強めの薬剤を使用することができるため、スミオチン、オルトラン、マシン油乳剤(97%剤)、石灰硫黄合剤などの殺虫剤を散布して、カイガラムシ発生を予防しましょう。

定期的なチェックで大切な植物を守りましょう!

定期的なチェックで大切な植物を守りましょう!

カイガラムシは成虫になると駆除が難しくなるため、卵や幼虫段階での早期発見が重要です。そこで、こまめに葉裏などをチェックして、見つけたときにはその状態に適した方法で早めの対策を心がけましょう。

そして、カイガラムシが好む「風通しの悪い、暗く、埃っぽい場所」を改善し、少しでもカイガラムシが寄り付かない環境を維持して、大切な植物をカイガラムシから守りましょう。

「For your LIFE」で紹介する記事は、フマキラー株式会社または執筆業務委託先が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成しておりますが、完全性、正確性、または適時性等を保証するものではありません。