レーヨンの正しい洗濯方法。素材の特徴、保管方法なども詳しく解説!

レーヨンの正しい洗濯方法。素材の特徴、保管方法なども詳しく解説!

レーヨンには、見た目も手触りもシルクのような高級感があります。しかし、どのような特徴があるのか、詳しくは知らないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、知っておくと役に立つレーヨンの特徴、正しい洗濯方法や保管方法について詳しく解説いたします。

レーヨンは洗濯に失敗すると縮んでしまいます。正しい方法を確認して、美しい光沢と滑らかな質感を長く楽しみましょう。

レーヨンとはどのような生地?

シルクに似た手触りと美しい光沢。レーヨンは、高価なシルクの代用品として人工的に作られた素材であり、日本で最初に製造された化学繊維です。木材パルプに含まれる成分「セルロース」を薬品で溶かして再生された素材で、再生繊維と呼ばれます。主成分がセルロースなので、土に埋めると分解して消滅します。

レーヨンの長所

取り扱いが難しいとはいえ、レーヨンにはさまざまな魅力があります。まずはその長所を確認しましょう。

滑らかな質感

シルクに似せて作られた素材というだけあって、レーヨンは滑らかで柔らかく、肌触りのよい素材です。そのため、高級な裏地としてもよく使用されます。

吸湿性が高い

レーヨンは、化学繊維の中でもっとも吸湿性、放湿性の高い素材です。サラッとした肌触りが魅力で清涼感もあるため、夏用の衣類にもよく使われます。綿繊維以上の吸水性もありますが、綿は吸水すると強くなるのに対し、レーヨンは弱くなるため、洗濯には注意が必要です。

ドレープ性に優れている

ドレープ性に優れている

コシがなく柔らかい素材なので、ドレープ性に優れています。光沢性もあるため、優美で上品な雰囲気を醸し出します。

消臭効果が高い

消臭効果の高さも特徴のひとつです。レーヨンは弱酸性の性質をもつため、汗などアルカリ性のニオイを中和して消臭する効果があります。

染色性に優れている

レーヨンは染色性のよい素材で、色鮮やかに発色します。そのため色彩の自由度が高いというメリットがあります。

レーヨンの短所

長所に富むレーヨンにも、次のようなデメリットがあります。取り扱いの際には、十分注意しましょう。

水を含むと縮みやすい

水を含むと縮みやすい

一番の短所は水に弱いことです。レーヨンが水分を含むと、繊維が太くなって引っ張り合うために縮みやすくなります。そのためレーヨンが100%近い衣類は、自宅で洗濯せずクリーニングに出した方が安心でしょう。洗濯表示が「水洗い可」であっても、濡らす時間をできるだけ短くするよう、手早く洗う必要があります。

また、水ジミになることもありますので、雨の日に着るのは避ける方が無難です。

生地がデリケートで酸性に弱い

レーヨンには、酸性に弱いという特徴があります。そのため、酢やドレッシングなど酸性の液体をこぼすと、穴が開いてしまうこともありますので注意しましょう。

シワになりやすい

レーヨンは弾性に乏しいため、シワになりやすい素材です。洗濯後はシワになるため、アイロンがけが必要です。当て布をして、繊維の方向に沿ってやさしくシワをのばしましょう。

乾きにくい

吸湿性が高いため、少量の汗なら吸い取ってサラサラな肌触りを保ちます。しかし、かなり濡れた場合は乾きにくいという特徴があります。

レーヨンの洗濯方法~まずは洗濯可能かどうか確認

レーヨンはデリケートな生地なので、基本的にはクリーニングに出した方が安心です。特に、レーヨン100%に近い生地は、クリーニングに出すことをおすすめします。

しかしレーヨンには混紡も多いため、自宅で洗える生地もあります。洗濯表示を確認して、桶のマーク(洗濯機の使用可能)や桶に手が入ったマーク(手洗い可能)の表示があれば、自宅での洗濯が可能です。洗濯する場合は、水に濡れると縮みやすいため、やさしく短時間で済ませる必要があります。また、形を整えないまま乾かすと元に戻らないため、干すときにも注意が必要です。

最近はウォッシャブルレーヨンという生地もありますので、洗えるかどうか表示を見てしっかり判断しましょう。レーヨンの割合が低いほど、洗濯でのトラブルが起こりにくいと判断できます。

レーヨンを洗濯するときの注意点

レーヨンを洗濯するときは、オシャレ着用の中性洗剤を使いましょう。デリケートな素材のため、弱アルカリ性の洗剤を使うと生地が傷むおそれがあります。また、濡れると色落ちしやすいので、試しに目立たない場所に塗布してみましょう。少し時間をおいてから白いタオルを当て、色落ちしないか確認すると安心です。

レーヨンの洗濯は、できるだけ手早く済ませてください。水につけると縮みやすいため、洗濯時間が最短となるように心がけましょう。

手洗いする方法

手洗いする方法

水につかる時間はできるだけ短い方がよいので、レーヨンを洗濯するには手洗いがおすすめです。洗濯機で洗うより短時間ですみ、衣類へのダメージも軽減できます。

レーヨンはデリケートな素材なので、やさしく押し洗いしてください。擦り洗いやもみ洗いは避けましょう。洗濯時間はできるだけ2分以内で、スピーディーに洗ってください。短時間で洗い終えるには、桶を2つ用意しておく方法がおすすめです。

  1. 桶を2つ用意して水道水(30℃以下)を注ぎます。片方にだけ規定量のおしゃれ着用洗剤を溶かします。もう片方はすすぎ用の水です。
  2. 衣類を洗剤液につけ、30秒〜1分押し洗いします。
  3. すすぎ用の水を入れた桶に衣類をつけ、泡が出なくなるまですすぎます。
  4. 衣類をバスタオルで挟み、水分を吸い取ります。

洗濯機で洗う方法

洗濯機の使用可能なレーヨンは、目の細かいネットに入れて洗います。衣類を摩擦から守って、ダメージを与えないように洗うことができます。

  1. 衣類を目の細かいネットに入れて洗濯機に入れます。
  2. おしゃれ着用中性洗剤を入れます。
  3. 「ドライコース」「おしゃれ着コース」など、やさしく洗うコースを選択し、30℃以下の水道水で洗います。
  4. 脱水が始まったら10秒程度で止めてください。
    レーヨンは濡れると強度がかなり落ちるので、脱水時間は10秒程度にしてください。手洗いと同じように、バスタオルで挟んで水分を吸い取るのもおすすめです。

レーヨン素材の干し方

レーヨン素材は、乾かす際にも注意が必要です。干し方が悪いと、シワシワになったり型崩れしたりすることがあります。洗濯後はシワをのばし、風通しのよい場所で陰干ししましょう。直射日光が当たると、変色したり繊維が痛んだりすることがあります。

また、ハンガーにかけて吊るすと服の重みで伸びてしまうことがありますので、平干しが基本です。平干し用のネットは100円ショップなどでも販売されていますので、利用してみてはいかがでしょうか。

アイロンのかけ方

アイロンのかけ方

レーヨンはシワになりやすいため、洗濯後はアイロンがけが必要です。生地が完全に乾いてからアイロンをかけましょう。温度は中温にし、薄い色の当て布をしてからアイロンをかけてください。水が苦手なレーヨンにスチームを使うと、生地を傷めるおそれがありますので、必ずドライでかけるようにしましょう。また摩擦に弱いため、力を入れすぎず、繊維の向きに沿ってアイロンをやさしく滑らせてください。

レーヨン素材の衣類を保管する方法

デリケートなレーヨン素材の衣類は、保管するときも注意が必要です。次の2点に気をつけてください。

湿気に注意する

水に弱いレーヨンは湿気で縮むため、保管場所の湿度に注意が必要です。洗濯後は完全に乾いてから保管してください。収納ケースや引き出しには、湿気がこもらないよう乾燥剤を入れましょう。ドライクリーニングに出した場合は、ビニールをはずして陰干ししてから保管してください。ビニールをかぶせたままだと通気性が悪く、湿気がこもってしまうので、注意しましょう。

虫食いに注意する

レーヨンは天然由来の柔らかい繊維なので、虫食いにも注意が必要です。食べこぼしや皮脂、汗などの汚れが残ったまま収納すると、虫食いの被害に遭うおそれがあります。保管前には必ず洗濯して、汚れを落としてから収納しましょう。

虫に食われないためには、防虫剤を入れておくとより効果的です。フマキラーの「サザン・ロング 引き出し用」は揮散口が大きく、収納空間に合わせてすみずみまで効き目の広がる防虫剤です。衣類にニオイがつかないうえに消臭効果もあるので、長期間の保管も安心です。効き目は12ヵ月持続し、引き出しの一番上に置くだけで衣類をしっかり守ってくれます。大切なレーヨンの服を虫食いから守るため、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

シルクに似た光沢や肌触りを楽しむことができるレーヨン。着心地がよく、見た目もエレガントで魅力ある素材ですが、水に弱いというデメリットがあるため、洗濯するときは十分に注意しましょう。水に濡れると縮むため、できるだけ手早く洗うことを心がけてください。洗濯機で洗う場合は、ドライコースなどのやさしく洗うコースを選択し、脱水しすぎないようにしましょう。また、シーズンオフで長期間保管するときは、湿気や虫食いにも注意してください。

レーヨンは手間のかかる素材ではありますが、見た目が美しくて着心地も快適というメリットがあります。お手入れのポイントを押さえて、長く着られるよう大切に扱いましょう。

「For your LIFE」で紹介する記事は、フマキラー株式会社または執筆業務委託先が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成しておりますが、完全性、正確性、または適時性等を保証するものではありません。