親子関係の悩みを改善 - 子供や親とうまくいかない原因

親子関係の悩みを改善 - 子供や親とうまくいかない原因

人間関係の基礎を学ぶ上でも大切となる親子関係。『私たちは子供のことが大好きです』『自分は親にはとても感謝しています』というようなお互いが心から『家族が大好き』といえる親子関係が最も理想ですが、残念ながら現実を見ると『どうも親との関係がギクシャクしている』『最近、子供との接し方で悩んでいる』といった声が多く聞かれます。

なぜ親子の関係はうまくいかないのか?そして親子関係を修復させるにはどのような方法があるのか?今回はこの2つの疑問について迫ってみたいと思います。

親子関係がうまくいかない原因とは?

親子関係がうまくいかない原因とは?

まずは親子関係がギクシャクしている原因を見つけることが大切ですね。原因を見つけることでその後の対策法も浮かぶ可能性が高くなるため、現在の家庭環境と照らし合わせながらチェックしてみてください。

親と子の間で気持ちにズレが生じる

子供は成長する度に自分の考え方を持つようになります。そして親というのはまだ自力で何もできない時から子供を見ているため、いつまで経っても『心配』という気持ちが心の中にあります。

この親の心配する気持ちと子供の『心配ばっかすんなよ』という気持ちがぶつかり合うことで親子関係がギクシャクすることになるのです。特に子供が親から離れたいという気持ちが強くなる思春期からこの傾向は強くなり、子供からしてみれば鬱陶しいという気持ちが段々と大きくなります。

ここで親子が衝突することになると成人以降もどこかギクシャクした関係になることが多いようです。また子供が成人になっても心配という気持ちからいつまでも細かいことを言う両親もいます。

子供も大人になったためムキになることはありませんが心の中では『いつまで私の生活ややり方に干渉するつもり?』という気分になり、親との接触を避けるようになってしまうのです。

相手に過度の期待をしすぎている

親から見れば『子供はこうしなさい』子供から見れば『親はこうあるべき』という自分の理想を求めすぎると親子の関係はギクシャクしがちになります。特に親側の過度な期待で悩む子供というのは多いです。

『もっとしっかりしなさい』『良い大学、企業に入るためにたくさん知識を身につけなさい』などの発言は親心にあふれているともいえますが子供からしてみれば親が敷いたレールを走らされている気分になります。

またこのような発言をすることで子供は自身が将来的に本当にやりたいことを断念してしまうこともあります。親に本心も言えない環境になることで自然と親子の距離は離れていきがちになるでしょう。

身近な存在でもあるため遠慮がなくなる

身近な存在でもあるため遠慮がなくなる

親と子というのは最も身近な存在です。身近な存在であるがゆえに遠慮というものがなくなるため、一度意見が対立すると激しい口喧嘩に発展しやすいともいえます。

口喧嘩もお互い遠慮がないためついつい相手を傷つけてしまうような言葉が出てしまい、それが原因で親子関係がギクシャクすることが多いです。また喧嘩の後も親子の関係であるがゆえに素直になれず、そのまま会話がなくなるということもあります。

親子関係の悩みを改善する方法を徹底解説!

親子関係の悩みを改善する方法を徹底解説!

親子関係がうまくいかない原因は複数あることがわかりました。これらを踏まえた上で親子関係を改善する方法をまとめましたのでご覧ください。

素直になる

前述のように親子というのは身近な存在のため、遠慮がなくなり口喧嘩に発展するケースというのは多いです。口喧嘩をするのは致し方ないとして、問題は喧嘩が終わった後の行動です。

親と子というのは長い間、親子という関係性ですからどうしても恥ずかしさなどがあって素直になれないという特徴があります。具体的には口喧嘩をした後に素直に『さっきは強く言いすぎてごめん』という一言が出てこないなどが挙げられますね。

悪いことをした、雰囲気が悪くなったという時は一言『ごめん』という言葉があれば相手も『いや、こっちも熱くなりすぎて悪かった』というような言葉が出てきます。親と子の関係といってもどちらも同じ人間で同じ感情を持っています。衝突したことはもうしょうがないですから、その後は素直に謝って終わりにしましょう。素直というのは人間関係の構築、修復の基本です。

親のエゴ、世間体を子供に押しつけない

親のエゴ、世間体を子供に押しつけない

これは簡単に説明すると『親の価値観を子供に押しつけるな』ということですね。『あなたは〇〇大学を出て一部上場の〇〇カンパニーに入社するの』など親の理想ばかりを子供に求めても、子というのは人生経験を積み重ねていく中で『自分は将来はこうありたいんだ!』という強い目標や夢が出てきます。

その気持ちを理解できない親だと子供も『こっちの話も全く聞いてくれないからもうどうでもいいや』という気持ちになってしまうのです。また結婚に対する考え方も親世代と子供世代では大きく変わっています。

1980年の平均初婚年齢は男性が27.8歳、女性が25.2歳となっており、この時代は25歳を過ぎると『売れ残ったケーキ』ともいわれていたほどです。しかし現在ではライフスタイルの変化、女性の社会進出、日本経済の悪化により晩婚化が進み2010年の平均初婚年齢は男性が30.5歳、女性が28.8歳に達しています。

もちろん現代の男性、女性も結婚はしたいという気持ちは持っていますが『不景気で経済的余裕がない・・・』『今は仕事が大事な時期だから』という理由でどうしても初婚を迎える年齢が親世代と比較すると遅くなってしまうのです。

このような時代背景をしっかりと把握している親であれば子供に対して『早く結婚しなさい』とは言いませんが、問題は『父さん、母さんの時代は20代半ばでみんな結婚してたのよ、ご近所さんの目もあるからあなたも早く良い人見つけなさい』と顔を会わす度に結婚を急かす両親。

子供としても『早く結婚して孫の顔を親に見せたい』という気持ちは当然ありますが、何せ前述のように今は結婚が難しい時代。このような時代背景や晩婚化の現状、子供の親孝行をしたいという気持ちもわからずにとにかく『早く結婚しなさい』と常に言われれば子供も『いつも結婚、結婚ばかりでうんざり・・・』という気持ちになってしまうでしょう。

このうんざりという気持ちから親子の会話が減っていくというパターンもあります。このような環境にならないようにするには親側は『とにかく見守る』というスタンスで接すること。

夢や目標に向けて頑張る子供の姿を見守ることで将来、目標を達成した時に子供は必ず『あの時に何も言わず自分を見守ってくれてありがとう』という気持ちになり大きな親孝行をしてくれるでしょう。

また子供側も自分でやりたいことが見つかったらその夢や目標に向けて精一杯努力すること。『親は何も言わないから多少サボっても大丈夫だろう』という姿勢ではいけません。そして結婚して親に孫の顔を見せてやりたいという気持ちがあっても行動しなければ、その目標は達成できません。

素敵な結婚相手を探す努力もしてみましょう。現在は結婚が難しい時代ということもあり、全国に多くの結婚相談所があります。自力でお相手を探すのが難しいという方はそのような場所へ足を運んでみるのもおすすめです。

親は見守る、子供は精一杯努力する。このような環境を整えることで子供も『父さん、母さんはいつも私を見守ってくれている、頑張ろう!』という気持ちになります。

命令口調はやめる

親というのはどうしても子供に対して『良い企業に入りなさい』『早く結婚しなさい』など命令口調になってしまう傾向があります。もちろん親としても子供が心配だからという気持ちから出てくる言葉だと思いますが、いつも命令口調だと子供も『あ~・・・あれしろ、これしろって鬱陶しい気分だな・・・』という気持ちを抱きやすくなります。

両親はこのような時は『命令する』のではなく『アドバイスをする』『良い情報を与える』という気持ちで接してみましょう。具体的には『早く結婚しなさい』ではなく『来週、近所で大きな婚活イベントがあるみたいよ、参加する年齢層もあなたとそう変わらないから行ってみたらどう?』などが挙げられますね。

上の例では『近所で大きな婚活イベントを開催』という『良い情報』をしっかりと子供に伝えられています。このような言い方であれば子供も『そうなんだ、せっかくだから軽いノリで行ってみようかな』という気持ちになるでしょう。

『早く結婚しなさい』だけだと『結婚したいのは同じ気持ちだけど、そう簡単に相手が見つかるわけないじゃん』という反発心を生んでいます。良い結果を出すためには子供と二人三脚で頑張るという気持ちを忘れないようにしましょう。

ハグをする

海外文化の知識に薄い方であれば驚くかもしれませんが海外、特に米国では親子間でのハグは当たり前のように行われています。海外の親子間で行われるハグは挨拶の延長線上のようなものです。

そしてハグにはドーパミン、セロトニンという物質を分泌させる効果があることがわかっています。ドーパミンが分泌されることで気分が良くなり、セロトニンが分泌されると安心感を得ることができます。

また親子の距離を縮めることができる幸せホルモンのオキシトシンもハグにより分泌量が増えます。このようにハグというのは良好な人間関係を築く上では非常に有効な手段ともいえるのです。

『家族でハグなんて絶対にムリ!』という方は軽いボディタッチという感覚で実践してみてはいかがでしょうか。親子関係がギクシャクするとどうしても精神的ストレスも蓄積されていきます。それが原因で体調不良になることもあるため、健康的な体を作るという意味でもハグはおすすめです。

感謝の気持ちを忘れないこと

人というのはいつも一緒にいるとどうしても感謝の気持ちを忘れがちになります。それが『親はこれをして当たり前』という気持ちにつながってしまい、自分が考えていることを相手が実行しなかった時に『なんで私の気持ちをわかってくれないの!』という親を非難する姿勢を生み出してしまいます。

これでは親子関係がギクシャクするのは当然のこと。このような環境を作らないようにするには常に感謝の気持ちを持って親と接することです。『いつもご飯作ってくれてありがとう』『いつも洗濯、家事ありがとう』という感謝の気持ちを持つことで自然と『将来は両親に恩返ししたいな』という気持ちが芽生えてきます。

経済的に余裕があるなら独立も検討しよう

学生時代は経済的余裕がないため、実家で両親とともに暮らすのが一般的ですが社会人になれば毎月の給料が発生するようになります。そのため親子関係がギクシャクしている場合はいっそのこと親元を離れて1人暮らしをしてみるのもいいでしょう。

この方法だと『親子関係は改善されないのでは?』と感じるかもしれませんが、1人暮らしをするということは食事、洗濯、掃除など家のことは全部1人でやらなければいけません。このような環境に置かれることで初めて親のありがたみがわかります。

『洗濯も掃除も実際にやってみると大変だな・・・母さんはこれを毎日してくれていたのか』という気持ちになり、それが『実家暮らしの時は親に迷惑をかけたから今度の休日はどこかに連れて行ってあげよう』など親孝行したいという感情を生みます。

また独立することで親も『子供が離れたことで初めて子供が生きる支えになっていたのがわかった気がする』という気持ちになりやすいです。このようにお互いが大切な存在だと気付く環境を作ることも、親子関係の修復には必要となります。縁を切るという独立ではなく、親子関係の修復を目的とした独立であれば積極的に実践してみましょう。

親子関係の悩みを改善するならお互いが変わる努力を

親子関係の悩みを改善するならお互いが変わる努力を

親子関係の悩みを聞くと必ずといっていいほど『うちの子供のこういうところが・・・』『親のこんなところが嫌い・・・』と相手に改善してほしい部分ばかりを述べています。これでは親子関係の修復は難しいでしょう。

なぜなら『自分には悪いところがなかったのか?』を考えていないからです。『うちの子供のこういうところが・・・』という親御さんは一度、子供だけを見るのではなく自分のことも客観的に見るようにしましょう。

このようにすることで『うちの子供がああなってしまったのは、あの時の私たちの行動が原因だったかもしれない』など自分にも悪い部分があったという出来事が見つかるかもしれません。

そしてその部分を反省し、改善することで子供にも変化が見られ、親子関係の改善へとつながっていきます。子供も親が変わってくれたら、その時は素直に感謝の気持ちを持って接することが大切です。お互いが歩み寄りながら素敵な親子関係を目指して頑張っていきましょう!

「For your LIFE」で紹介する記事は、フマキラー株式会社または執筆業務委託先が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成しておりますが、完全性、正確性、または適時性等を保証するものではありません。