性格を変えたい!と悩む人がなりたい理想の自分になる方法

性格を変えたい!と悩む人がなりたい理想の自分になる方法

性格を変えたいと思っても、なかなか勇気のいることですし、生まれ持ったものもあるので簡単に変えることはできません。

性格を変えるときは、いくつか条件が揃っていないと変えるのは難しいでしょう。
自分の心構え、周りの環境、他人のアドバイスなど。
性格を変える時に必要なことや考え方についてまとめてみました。

周りの環境を変える

周りの環境を変える

住む場所を変える

実行できる難易度はさておき、一番手っ取り早く性格を変えられるのは、住む場所を変えてしまうことです。
「あなたのことを誰も知らない」という環境に身を置いてしまえば、今までのあなたに対する印象もリセットされます。

「あなたはこんな人だ。」、「こんな性格の人だ。」などと分かっている人がいなければ、あとはあなたの対応次第で印象がガラッと変わるはずです。

性格を変えるときは、「結局周りの目が気になる」という意見が多いです。

「あの人はあんな感じではなかったのに」
「あんなによくしゃべるタイプではなかった」

などと思われるのが嫌で、結局今のままの状態に至っているという人も多いです。
そう考えると自分次第というより周り次第なところもあります。

住む場所を変えることは社会人の方や、すでに家族がいる方には簡単にできないことですが、性格を変えるには一番理想的な環境です。

仕事を変える

性格を変えたいと思ったら、今の人間関係をリセットした方が実行しやすいです。
例えば今の仕事を続けたまま、性格を変えたとしましょう。

「急にあいつが意見を言い出した」
「急に積極的にしゃべるようになった」
「急になれなれしくなった!」

などと違和感を覚える事は間違いありません。
「前まではこうだった」などと、どうしても比較されてしまうので自分がいくら性格を変えようと思っても、周りはちょっと白い目で見る可能性もあります。

仕事を変えて毎日接する人も変われば、あなたに対する見方も変わってくるので仕事を変えるというのも、一つの手段です。

もし仕事を変える場合は、一発目が大事。
最初に同僚や上司と接する時、自分がこうなりたいというイメージの性格を持って、相手と接するようにしましょう。

交友関係で性格を直す

交友関係で性格を直す

恋人を作る

もし恋人がいない方は、恋人を作ることに尽力してみましょう。
恋人ができれば、自分では思ってもいないような考え方や接し方が生まれてくるはずです。

例えば、

「今までだったら何をするにも面倒くさがっていたのに、彼女のためなら面倒くさいなんて事は思わなくなった」

「人前で歌うのが苦手だったのに、彼女とたくさんカラオケをしたおかげで苦手意識がなくなった」

「今までレストランの予約をするなど恥ずかしくてできなかったのに、今はそういったことも平気でできるようになった」

このように恋人がきっかけで自分の内向的な性格が変わったという事例は数多くあります。

自分のためにはなかなか行動できなくても、恋人のためなら行動したいという人もいるので、性格を変えるには恋人の存在はなかなか大きな作用があります。

新たな友達を増やす

どうしても今までの友達は、

  • 自分と気が合う人
  • 自分と同じような趣味の人
  • 自分と同じような感覚を持っている人

などを選びがちになっていたのではないでしょうか。
しかし、それだとなかなか性格の変化をもたらすのは難しいです。

そこで、ちょっと今までにないような交友関係を築いてみましょう。
そうすると今まで行ったことのないような場所に連れて行ってもらったりなど、新たな世界観や価値感を身につけることができます。

自分の殻に閉じこもっていた人ほど、新しい交友関係をきっかけに性格がポジティブな方向へ開花する人も多いです。

ただし、誰でも良いのではなく、健全な友達ということは最低限守っておきましょう。
変な商売を勧められたりなど、犯罪に手を染めるようなことがあってはいけませんからね。

年上の知り合いを作る

自分と同じ世代の人と話すより、年上と話した方が人生のためになる話が多いです。

「ああしておけばよかった」、「こんな感じにしておけばよかった」という後悔の気持ちを持っている人も多いので、それを元に自分の身の振り方を改めて考えることができます。

また、年上なら交友関係が広いので自分の友達だけではまず出会えなかったような人とも喋るチャンスが出てきます。

例えば、どこかの会社の社長さんなどと話すことができれば、非常にポジティブな話が聞けるはずです。
見識を深め、視野を広げ、自分の性格を変えるチャンスなのでぜひ年上の人と知り合いになる機会をうかがいましょう。

きっかけは何でも良いです。
最近はSNSなどを通じて、共通の趣味をきっかけに仲良くなるケースもあります。
知り合いでなくても、丁寧に接すれば好意的に受け取ってくれる人も多いです。

年上と話し合いを持つときは敬意を持って、誠実に接すれば相手も心を開いてくれるでしょう。

他人の力を借りる

他人の力を借りる

カウンセリングに頼る

自分にはなかなか伝手がないということでしたら、カウンセリングで話を聞いてみてはいかがでしょうか。
メンタルケアを行っているカウンセリングも数多いので、そういう人なら自分の性格的な悩みをしっかり聞いてくれるはずです。

1回につき1時間5000円などと料金が発生するのは難点ですが、手っ取り早く性格を変えるのに良い方法です。
カウンセラーは精神分析を行って、最善のアドバイスを送ってくれます。

特に病気でもなく、普通に相談したいと考えている方にオススメです。

心療内科に通う

悩みが深刻な場合は心療内科に通って、定期的なカウンセリングを受けるという方法もあります。

例えば、「うつ症状が出ている」、「うつ症状が出る一歩手前」、「自分の力だけでは生活にも支障が出るほど」という場合は、お医者さんの診察があっても良いかもしれません。

心療内科といっても話だけ聞いてもらうこともできますので、あまり身構えることなく相談することも可能です。

本を読む

自分の考え方や心を入れ替えるときに本もきっかけとなる可能性があります。
マインドコントロールではないですが、自分の考え方が改められます。

例えば人気が出てる本は、多くの人が共感しているという表れ。
性格を変えたい人、交友関係に悩んでいる人は、関連書籍を読んで自分の考えを一新してみてはいかがでしょうか。

本を読む場合は1冊だけでなく、複数読んで自分にあった方法を選択するのがお勧めです。
程よく自分が感化され、今までの考え方を改める人が多いです。

周りの環境が変化しない場合の対処法

周りの環境が変化しない場合の対処法

徐々に周りとの接し方を変える

ここまでいくつか性格を変える方法を紹介してきましたが、現実問題、仕事も住む場所も変えられないという人もいるでしょう。
交友関係も今まで築いたものがあるので、壊したくないという考え方も理解できます。

そうなると、自分の性格を変える場合は徐々に変化させていくのが無難です。
いきなり180度違った性格で接しようとしても、「お前、どうしちゃったの?」などと言われるのがオチです。

それこそ1年ぐらいかけて徐々に性格を変えれば相手も気づきにくいです。
例えば、

  • 自分から話しかけることは今までほとんどなかったけど、徐々に話しかけるようにする
  • 恋愛の話をちょっとずつ周りにも話すようにする
  • ちょっと冗談を言う機会を増やす

などと違和感のない程度にちょっとずつ自分の性格や考え方をオープンにしていけば、長期的な計画で性格を変えることができます。

例えば、仲の良い友達でも見た目が徐々に変化してきたり、話し方が変わってきたとしても気づきにくいです。
いつのまにか変わっていた、となるような計画が必要です。
1月の目標、6月の目標、12月の目標などと1年計画で、自分の性格を変えてみてはいかがでしょう。

徐々に見た目の変化を加える

性格を変えるには、見た目や服装などの変化を加えることも大切です。
例えば性格がホントは地味だけど、明るい性格に思われたいとしましょう。

そんな時に見た目がいつまでも同じままだと、暗い奴というイメージが変わりません。
急に奇抜な格好をする必要はありませんが、髪型を変えてみたり、髪色を変えてみたりなど若干の変化を加えて、周りの印象を変えていく必要があります。

替えた直後はひょっとしたら気づく人もいるかもしれませんが、違和感を感じるのも、その日だけです。

徐々にそれが当たり前になっていきますので、急激に変えなければ特に問題はないでしょう。

引っ張ってくれる存在にあやかる

もし環境に変化がないのなら、自分がなりたい性格の人と仲良くなったり、話すようにするのがお勧めです。

その人と仲良くなれば、他の人に自分を紹介してもらう時に違った印象を与えることができます。
例えば、その明るい友達に、

「こいつは見た目は結構暗いんだけど、話すとめちゃめちゃ楽しいやつだよ!」
「一瞬何考えているのか分からないタイプだけど、話すと実はすごい喋る」
「最初出会った時は気難しいタイプと思っていたけど、実はかなり天然ボケで癒し系!」

このように友人を介して、自分の事を紹介してもらえると、他の人と喋りやすくなります。
自分1人の力ではどうにもならない場合は、リーダー的存在を見つけて引っ張ってもらうのもお勧めです。

まとめ

以上、自分の性格を変えたい人に参考になるポイントを紹介しました。
大きくまとめると自分の性格を変えたい場合は、

  • 自分の意識の持ち方
  • 周りの交友関係
  • 周りの生活環境

などが重要ということがわかります。
この3つを少しずつ改善していけば、おのずと自分がなりたかった性格へと変化できるはずです。

いきなり何もかも改善しようと思っても自分に無理がかかるだけなので、緩やかな曲線を描いて性格を変えていければよいというぐらいのラフな考え方が大切です。

「性格を変えるには1年、2年ぐらいはかかるもの」という気楽な心構えで自分の性格を変えていきましょう。

「For your LIFE」で紹介する記事は、フマキラー株式会社または執筆業務委託先が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成しておりますが、完全性、正確性、または適時性等を保証するものではありません。