さび病とは?さび病が発生する原因と対策について

さび病とは?さび病が発生する原因と対策について

ガーデニングを楽しむ上で避けられない植物の病気。「さび病」もそのひとつで、野菜や草花などのさまざまな植物に発症するやっかいな病気です。

今回は、さび病の概要と発症しやすい植物、病気の予防と対処法についてご紹介します。植物の異変に気付いたら、早急に対応してまん延を防ぎましょう。

さび病についての基礎知識

さび病についての基礎知識

はじめに、さび病の基礎知識を簡単にご紹介します。

種類が多いさび病

さび病は、Puccinia(プクシニア)属の「糸状菌(しじょうきん)」が原因で発症する病気です。さび病の種類は多く、ネギに寄生するものやニラに寄生するものなど、植物によって菌が異なります。これらの菌は生涯同じ植物に寄生する「同種寄生菌」と、2種類の植物を行き来しながら寄生する「異種寄生菌」に分けられ、空気や水により媒介されます。

春や秋の降雨や風通しが悪い環境が続くと、葉や茎などの上にさび病の胞子がはん点状に出現します。その後、ふくらんだはん点が破けて胞子が飛び散ったり風に乗ったりして、周囲の植物が二次感染します。なお、似た名前の「白さび病」がありますが、白さび病はAlbugo(アルブゴ)属の菌が増殖するため、さび病とは別の病気に分類されます。

さび病に見られる症状

一般的なさび病は、葉の裏についた淡い色のはん点が大きくなり、オレンジ色の「さび」のように盛り上がる症状が出ます。はん点の色は、寄生する植物によって黄色や赤、黒、褐色、灰色などとさまざまです。さび病が進行すると葉の表や茎にも広がり、ゆがみやねじれが生じて枯れることもあります。

さび病は人体に感染しないので、発症の初期の葉や実は食用にしても問題ありません。しかし、病気が進行した植物は十分に生育せず、抗菌の目的で「ファイトアレキシン」などの有害物質を生成するため、葉や実を食べるのは避けましょう。

さび病が発症する環境

さび病は真夏を除いた4~11月に多く、特に春と秋のくもりや雨が続く時期に発症しやすいです。発症の原因は天候だけでなく、過湿の土や肥料の量、ハウス内の湿度なども関係します。そのほか、もともと病気を持った株やヒョロヒョロに育った徒長(とちょう)と呼ばれる株を植えつけたときや、昨年の菌がひそむ葉、枝などが周囲に残っているとき、雑草が生い茂る環境で育てたときなども病気を引き起こします。

ネギ類は特に注意!さび病にかかりやすい植物

ネギ類は特に注意!さび病にかかりやすい植物

さび病が発症しやすい植物は、次の通りです。

野菜類

野菜類では、ネギやタマネギ、ニラ、ニンニクのほか、小松菜、カブ、ラディッシュ、アスパラガス、レタス、シソ、水菜、インゲン、トウモロコシ、小麦などが挙げられます。

異種寄生菌が寄生する組み合わせとしてトウモロコシとカタバミ、小麦とアキカラマツなどがあります。これらは2つの植物の間で交互に寄生して繁殖するため、近くで栽培することは避けましょう。

果樹類

さび病が発症しやすい果樹類は、ブドウやナシ、ビワ、イチジク、コーヒーなどです。異種寄生菌が寄生する組み合わせとして、ブドウとアワブキ、ナシとビャクシンなどが挙げられます。

花木や草花類

花木や草花類では、バラやアジサイ、ツツジ、カーネーション、キク、ユリ、ナデシコ、ベゴニア、ミントなどです。異種寄生菌が寄生する組み合わせとして、アジサイとスズタケ、ベゴニアとコアカソなどが挙げられます。

その他

その他の植物では、アガベをはじめとする多肉植物や芝などがあります。なお、芝はヘクソカズラとの組み合わせで異種寄生菌のさび病が発症します。

さび病が発症したときの対処法

さび病が発症したときの対処法

植物がさび病にかかったときは、早急に次の作業を行ってください。

患部を取り除く

さび病の初期症状は葉の裏や表に淡いはん点がつくため、毎日の観察を欠かさないようにしましょう。病気と思われる部分を発見したときは、すぐに取り除いてください。さび病に侵された葉や枝などを放置すると菌が飛散してさらに周辺が感染するため、ゴミ袋に入れるなどして処分しましょう。

重曹を散布

さび病には、市販の重曹(炭酸水素ナトリウム)を水で薄めたものを散布すると効果が期待できます。環境省の資料によると、重曹 を0.1%程度の濃度に薄めると記載されています。0.1%は1000分の1ですから、1Lの水に1gくらいの重曹を溶かし、霧吹きなどで植物の全体に散布しましょう。

散布する量の目安は10a(1000㎡)あたり150~500Lとされているので、畑や花だんの広さに合わせて調節してください。

【参考】環境省 「既指定の特定農薬についての情報提供(案)」

薬剤の使用

さび病の範囲が広いときには、早めに園芸用の薬剤を使用すると効果的です。そのまま使うものや薄めて使うものがあるので、薬剤の説明に従って正しく散布しましょう。葉や実を食べる植物に散布する際は、収穫日までを計算してから使用してください。

園芸用の薬剤は、複数をローテーションして使用すると薬剤に対する菌の耐性がつきにくくなります。また、病気の予防として定期的に薬剤を散布すると効果的です。

さび病の発症を防ぐには

さび病の発症を防ぐには

最後に、さび病の発症を予防する方法をまとめました。

健康な株を育てる

さび病に限らず、病気の発症を防ぐには元気な株を育てることが大切です。何年も同じ場所の土を使用して育てたり、病源菌がついたタネをまいたりすると健康な株が育ちません。タネから育てるときはタネまき用の新しい土を使用し、元気な芽を残す「間引き(まびき)」をして密集した生育環境を防いでください。

苗は日光がよく当たる場所に置き、徒長を防止しましょう。市販の苗を購入するときは、茎が太く葉の色が鮮やかで生き生きとしたものを選んでください。

肥料の与え方

さび病の発症は、与える肥料の量も関係しています。肥料の量が多すぎると窒素分も多くなり、軟弱で病気になりやすい株が育ちます。反対に、肥料が少なすぎると栄養が足りず、しっかりとした株に育ちません。それぞれの植物の育て方に従い、肥料は適切なタイミングと量を守って与えましょう。

肥料については、「肥料の種類と適切な使い方とは?【ガーデニングの基本】」の記事もご覧ください。

栽培環境を整える

植えつける場所の土は、あらかじめ日光に当てて消毒をしましょう。水はけが悪い土は赤玉土(あかだまつち)や軽石などを混ぜて準備し、植物によっては土を高く盛り上げる「畝(うね)」を作って植えつけます。畑や花だんの周辺の雑草は、定期的に抜き取りましょう。

先述したように、さび病は湿度が高いときや風通しが悪い環境で発症しやすいことがわかっています。苗は間隔を空けて植えつけ、生長とともに葉が混み合う部分はカットして風通しをよくしましょう。毎日の観察を欠かさず、枯れた葉や枝、咲き終わった花はすぐに取り除いてください。ハウスで育てるときは、換気をして湿度を調整することも大切です。

さび病をはじめとする植物の病気については、「植物に発生するさまざまな病気。予防法と対処法とは? 」の記事も参考にしてください。

環境を整えてさび病の発症を防ごう

環境を整えてさび病の発症を防ごう

今回は、ガーデニングのトラブルのひとつであるさび病についてお伝えしました。さび病は日々の観察によって早期発見ができ、過湿や密集の環境を避けて健康な株を育てることで予防が可能です。

さび病が発症した部分はすぐに取り除き、状況によっては薬剤を散布して被害の拡大を防いでください。さび病の予防と対策の知識を深め、日々のガーデニングを楽しみましょう。

「For your LIFE」で紹介する記事は、フマキラー株式会社または執筆業務委託先が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成しておりますが、完全性、正確性、または適時性等を保証するものではありません。