気になるタンスの臭いを取る方法。タンスと服についた臭いを消す!

気になるタンスの臭いを取る方法。タンスと服についた臭いを消す!

タンスから取り出した服の臭いが気になることはありませんか?収納している間に服が臭くなってしまうのは、タンスの臭いが服についたのかもしれません。

服を清潔に収納できるはずのタンスですが、タンスが臭うと服に臭いが移るので注意が必要です。この記事では、タンスの臭いの原因と消臭する方法、すでにタンスの臭いがついた服の臭いを取る方法についてご紹介します。

タンスの臭いの原因とは

タンスの臭いの原因とは

タンスの臭いの原因は1つではありません。主に次の3つがタンスの臭いの原因と考えられるでしょう。

①  カビ

タンスの臭いが気になる場合、原因の1つとしてカビの影響が考えられます。衣類の繊維には湿気が残りやすく、タンスはカビが繁殖しやすい環境です。また、一度着た服を洗濯せずタンスに収納すると、服についた汗や皮脂、垢がカビの栄養となり、繁殖しやすくなります。いつも暗くて湿気がこもりやすいタンスの中は、カビが繁殖しやすい環境です。湿気がこもらないための対策が必要です。

②  防虫剤

最近は無臭タイプの防虫剤が増えましたが、有臭の防虫剤は「パラジクロロベンゼン」や「ナフタリン」「しょうのう」といった成分が臭いの原因になり、服に強い臭いがついてしまいます。防虫剤の臭いは揮発性なので、風通しのよい場所に陰干ししておけば臭いは取れてくるでしょう。しかし、すぐに服を着たいときには困ってしまいます。

最近主流となっている無臭タイプの防虫剤は、衣類に薬剤の臭いがつきません。防虫剤の臭いが気になる方は、無臭タイプを選んではいかがでしょうか。

③  タンスの臭い

新しいタンスの場合、木の臭いがすることもあります。木の臭いは使っているうちに薄れていくので、だんだん気にならなくなっていくでしょう。

しかし、タンスの臭いが接着剤や防虫剤、防腐剤の臭いという可能性もあります。タンスには接続部分が組み木ではなく接着剤が使われているものが多いため、臭いが気になります。接着剤の臭いはシックハウス症候群の原因にもなりますので注意が必要です。

タンスの臭いの取り方

タンスの臭いを取らないと、衣類に臭いがつく悩みはなくなりません。とくに臭いの原因がカビであれば、放置しておくとますます繁殖してしまうので、早急に対処しましょう。タンスの臭いを取る方法をご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

重曹水で拭いて天日干し

天気がいい日や湿度が低い日にタンス全体を重曹水で拭きましょう。次の手順でおこなってください。

  1. タンスの引き出しから衣類を全て取り出します
  2. 水250CCに大さじ1の重曹を入れて重曹水を作ります
  3. タンスを日当たりが良く風通しが良い場所に出します
  4. 雑巾を重曹水に浸して固く絞り、タンスの中や引き出しの表と裏を拭きます
  5. 乾いた雑巾で乾拭きします
  6. 完全に乾くまで天日干ししてください

漂白剤で拭いて天日干し

カビがひどい場合は、漂白剤を薄めて拭きましょう。重曹で拭くときと同じように、天気が良く湿度が低い日におこなってください。手順は次の通りです。

  1. タンスの中の衣類を全て取り出します
  2. 塩素系漂白剤を使うので、ゴム手袋をして、部屋を換気の良い状態にします
  3. バケツに水2Lと塩素系漂白剤を40g入れます
  4. タンスの目立たないところを拭いてみて、色落ちしないか確認してください
  5. 問題なければタンスを日当たりが良く風通しが良い場所に出します
  6. 漂白剤に雑巾を浸して固く絞り、タンスの中や引き出しを拭きます。引き出しの裏も拭いてください
  7. カビが生えている場所は、トントン叩くように拭きましょう
  8. 水に浸した雑巾を固く絞り、水拭きします
  9. 乾いた雑巾で乾拭きします
  10. タンスも引き出しも完全に乾くまで天日干ししましょう

除湿剤を使用する

タンスの中の湿気はカビの原因になりますので、除湿剤を入れてカビが繁殖しにくい環境を保ちましょう。とくに北向きの部屋など、日当たりが悪く湿気がたまりやすい部屋のタンスには、除湿剤が必要です。

フマキラーの「激乾 引き出し・衣装箱用」は、引き出しに入れるタイプの除湿剤です。防カビ成分や、消臭粒を配合していますので、しっかり消臭しながら湿気・カビ対策ができます。

また、洋服ダンスには、ハンガー型の「激乾 洋服ダンス用」がおすすめです。スリムでコンパクトな設計ですが、パワフルに除湿して湿気やカビ、臭いを防ぎます。どちらのタイプもゼリー状になったら取り替え時期とわかるので、効き目が続いているか判断しやすい点も魅力です。洋服を快適に保つためにも、タンスの中に入れておいてはいかがでしょうか。

石鹸で臭いを消す

石鹸で臭いを消す

タンスに石鹸を入れて、気になる臭いを取る方法もあります。固形石鹸をカッターでスライスし、不織布のラッピング袋に入れ、各引き出しに2個ずつ入れましょう。

好きな香りの石鹸を使えば、タンスを開けるたびにいい香りが漂います。洋服にも清潔感ある石鹸の香りが移り、好感度アップにつながるかもしれません。

引き出しの中に新聞紙を敷く

新聞紙は湿気を吸収するだけでなく、消臭効果もあります。読み終えて不要になった新聞を1枚ずつ引き出しに敷き、タンスの中の除湿と消臭に活用しましょう。ただし、湿気を吸った新聞紙を入れっぱなしにしないように気をつけてください。2~3ヵ月に1回を目安として、定期的に取り換えましょう。

炭で消臭する

靴箱の消臭に炭を使っている人も多いでしょうが、タンスの消臭にもおすすめです。炭には臭いを吸収する効果がありますので、ストッキングなどに入れてタンスの中に置いておきましょう。炭を使う場合は、洋服に炭がつかないよう注意してください。

服についたタンスの臭いを取る方法

服にタンスの臭いが移ってしまったら、そのまま着るのは不快です。ここからは服についた臭いを消臭する方法をいくつかご紹介します。

天日干しする

天日干しする

天日干しには除菌・消臭効果があります。少しくらいの臭いなら、風通しがいい場所で天日干しすれば取れます。ハンガーにかけてベランダに干すだけなので簡単です。

洗濯する

天日干ししても臭いが取れない場合は、洗濯済みの衣類であっても洗濯し直してみましょう。少し面倒ではありますが、洗い直して天日干しすれば、臭いも取れてすっきりします。ただし、色あせが気になる衣類は陰干しにしてください。洗濯し直せば、臭いだけでなく収納している間についたシワも取れます。

お風呂に吊るしておく

入浴後のお風呂に服を吊るしておけば、蒸気が臭いを吸着するので消臭できます。また、シワを取る効果もあります。ジャケットなど簡単に洗えない服は入浴後の蒸気で消臭しましょう。

お風呂に吊るしたあとは、服に湿気が残らないよう、風通しのいい場所で乾燥させてください。

重曹水をスプレーする

重曹には消臭効果がありますので、重曹水をタンスだけでなく衣類の消臭にも使ってみましょう。臭いが気になる服に重曹水をスプレーしてください。重曹水で湿った服は、ドライヤーで完全に乾かしてからタンスに戻しましょう。

スチームをあてる

スチームアイロンを衣類から2~3cm離し、スチームを当てましょう。スチームが繊維の奥に入り込み、衣類の臭いを消臭してくれます。スチームを当てた衣類は、乾燥するまで干しておいてください。

タンスの臭いを予防するには

タンスの臭いを予防できたら、衣類に臭いがつく心配もありません。タンスの臭いを予防するために普段から意識しておくべきことを4つ挙げますので、ぜひ実践してください。

①  定期的に引き出しを開ける

定期的に引き出しを開ける

タンスの中は暗くて湿気がこもりやすいため、定期的に引き出しを開けて風を通し、湿気を逃がしましょう。また、衣替えのときを利用してタンスの中に入っている衣類を全部出し、部屋の窓を開けて風を通してください。タンスの中を乾燥させることで、タンスの臭いを予防できます。風通しが悪い部屋なら、扇風機でタンスに風を当てる方法もおすすめです。

②  タンスを置く場所にも注意

タンスを壁にぴったり当てて置くと、風が通らなくなります。風通しが悪いとカビが生えてしまう可能性があります。タンスは壁と少しすき間を開けて置くことで風通しがよくなり、湿気がこもりにくくなります。タンスの臭いが気になる場合は、タンスと壁にすき間があるか確認してみましょう。

③  湿った服を入れない

タンスに服を収納するときは、完全に乾かしてからにしましょう。冬場は屋外に干しても洗濯物が完全に乾かないことがあります。湿り気がある服をタンスに収納すると、臭いの元になりますので注意してください。

④  衣類を詰め込み過ぎない

タンスの中に衣類を詰め込み過ぎると空気の流れが悪くなり、湿気がこもりやすくなります。湿気がこもるとカビが発生する原因になりますので、タンスに収納する量はすき間が出来る程度にしておきましょう。もし収納スペースがいっぱいであれば、服を断捨離してみてはいかがでしょうか。お気に入りの服を大切に保管するためにも服の量は収納スペースに余裕を持って入れられる程度にしておきましょう。

まとめ

着たい服にイヤな臭いがついていると困ります。臭いを防ぐためには、定期的にタンスの中に風を通して湿気を防がなくてはいけません。とくに梅雨の時期はカビが生えやすいため、タンスに湿気がこもらないように注意しておきましょう。

また湿った服をタンスに収納したり、詰め込みすぎたりすることでもタンスの中は湿度が高くなり、カビが繁殖しやすい環境となるので注意が必要です。日頃から臭いが発生しないように気をつけることでカビを防ぎ、タンスから服を出してすぐに気持ちよく着られます。

タンスから出した服の臭いが気になるなら、今回ご紹介した方法をぜひ試してみてください。それでも臭いが取れないなら、タンスに臭いが染みついている可能性があります。その場合はタンスの買い替えを検討してみましょう。新しくタンスを買い替えた際は、臭いが発生しないようにしっかりと予防してください。

「For your LIFE」で紹介する記事は、フマキラー株式会社または執筆業務委託先が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成しておりますが、完全性、正確性、または適時性等を保証するものではありません。