スキマ時間をどう使う?スキマ時間の過ごし方と有効活用のアイデア

スキマ時間をどう使う?スキマ時間の過ごし方と有効活用のアイデア

お得意様まわりや社内の会議、資料づくりや企画書の作成など、仕事が山積みの会社員の人も、旦那さんやお子さんのお弁当をつくったり、洗濯したり、お掃除したり、買い物したりとやることが盛りだくさんの主婦の人も、毎日を忙しく過ごしている人は多いと思います。

一日のうちにアレもやらなくちゃ、コレもやらなくちゃいけない、と思ってはみても1日は24時間。無理して睡眠時間を削ると、体調をくずしてしまう恐れもあります。そこで注目されているのが「スキマ時間」の活用です。でも、「ちょっとの時間で何ができるの?」という人のために、今回はスキマ時間を有効活用する過ごし方について紹介していきます。

スキマ時間の有効的な過ごし方

スキマ時間の有効的な過ごし方

行き帰りの電車の中はもちろん、電車の待ち時間や、ランチで注文した料理が出てくるまで、エレベーター待ちのわずかな時間でさえも、合算すれば何十分から1時間を超す時間となります。家事なら、洗濯機を回している間や、料理を煮込んでいる間などにスキマ時間が見つけられます。そのわずかな時間を使って何ができるのか、さっそく見ていきましょう。

勉強する

勉強ができる人や仕事ができる人のなかには、スキマ時間を上手に使いこなしている人が多いのではないでしょうか。毎朝の電車の中にも、志望校合格をめざす学生や、社会人になっても自身のキャリアアップのために語学などを勉強する人を見かけることがあります。時間が細切れになるため、スキマ時間の勉強は英単語などの暗記モノがおすすめ。わずかな時間でも集中して勉強することで、着実にスキルアップにつながります。

本を読む

読書は読みたい本が一冊あればできる、手軽な趣味としてもおなじみですね。文庫本をサッと鞄から取り出して、電車の中や、ちょっとした待ち時間に数ページ読み進める。いまはスマホでも小説を読めるので、スキマ時間を使って、より手軽に本を読むことができますね。

情報収集をする

いまやほとんどの人が所有するスマホ。スマホは、メールや通話のほかにも、カメラやゲーム、インターネットなどさまざまな機能が搭載されている、まさに現代人の便利アイテムです。このスマホでスキマ時間に情報収集する人も多いのではないでしょうか。

商談に伺う会社の情報を事前にチェックしたり、これからお会いするお客様との話のネタとして世の中のトレンドをチェックしたり。ランチが評判のお店や、落ち着いた雰囲気のBARなど、いろんな情報を調べてストックしておくことで、仕事の付き合いで役に立つ日がくるはずです。主婦の人ならお弁当や夕食のレシピなどを収集。こうしておけば、献立の悩みもきっと減ることでしょう。

メールをチェックする

1日の業務において、メールをチェックして返信してと、メールの対応に時間をとられて、なかなかやりたい仕事にたどり着けない人もいるのではないでしょうか。メールを溜めてしまうと、あとでひとつひとつチェックするのが大変ですし、急ぎの用件を見逃してしまう恐れがあります。そのため、スキマ時間にメールをチェックし、返信できるものは返信しておくようにしましょう。

デスクまわりを整理する

デスクまわりを整理する

やりかけの仕事の資料などはついついデスク上に山積みしてしまいがちですが、スキマ時間ができたら必要のない資料は片づけて、デスクまわりを整理する習慣をつけましょう。視界に入るところにモノがたくさん出ていると、そのことが気になって集中力の妨げになります。

また、デスクの上には、大切な資料や報告書、請求書、社内の回覧などが置かれることもあるので、そうした書類がどこかに紛れ込んでしまう危険性も。忙しい時間のなかで「あの資料がない!」と探し物をする時間ほど、もったいないものはありません。

掃除をする

生活していれば、ゴミや汚れが溜まっていくのは仕方がないこと。それを「まあ、いいか」と見過ごしていると、家の中がどんどん散らかっていき、いざ掃除するときに大変な思いをすることになります。

そこで、家の中の掃除もスキマ時間を上手に活用しましょう。掃除機をかけて、床の雑巾がけをして、窓ガラスを拭いて、とやりだしたら大掛かりな掃除になってしまうため、スキマ時間に合わせてできることをするのがポイント。ここでは、5分でできる掃除について紹介します。慣れや手際の良さによってかかる時間が異なるため、あくまでひとつの目安とお考えください。

<5分でできる掃除>

  • 本や洋服を収納場所に戻す
  • テーブルの上やテレビ台の上を拭く
  • リビングに掃除機をかける
  • トイレ掃除
  • お風呂掃除
  • キッチンのシンク磨き
  • 各部屋のゴミをまとめる

など

さらに、スキマ時間の掃除には除菌効果のあるクリーナーがおすすめです。

「フマキラー アルコール除菌どこでもクリーナー」

雑巾などに吹きかけ、サッとひと拭き。キッチンの油汚れや食べこぼし、ドアノブの手あか、リビングのヤニ汚れなどこれ1本で家中の気になる汚れをキレイに洗浄できます。洗浄&99.99%除菌&抗菌(すべての菌を除菌できるわけではありません)。天然発酵アルコールとアルカリ電解水が、さまざまな汚れをスッキリ落とし、細菌・ウイルスを除去します。

さらに、グレープフルーツ種子エキスの抗菌パワーがバイ菌の繁殖を抑えて清潔な状態を保ちます。しかも、2度拭き不要。洗浄成分を使用していないのでベタつきが残らず、お子様やペットが触れる場所に最適です。

アルコール除菌どこでもクリーナー 300ml

料理の下準備をする

夕食をつくる際、野菜などの食材を洗って、皮をむいてカットして…とイチから作業していると時間がかかってしまうもの。そこで、スキマ時間に料理の下準備をしておくことをおすすめします。野菜などをあらかじめ必要なサイズにカットしておいたり、調理するお肉などに下味をつけておいたり。こうしておくことで、夕食の準備がスピーディーに行えるので、その分、食後をゆったり過ごすことができます。

筋トレ・ストレッチをする

筋トレ・ストレッチをする

事務職や制作職など一日の大半をデスクワークに費やすという方も多いのではないでしょうか。そんな人におすすめなのがスキマ時間に行う筋トレやストレッチです。立った状態でかかとを上げ下げすれば、脚力のトレーニングになりますし、ふくらはぎの筋肉が刺激され、むくみの改善も期待できます。コピーをとる際や、エレベーター待ち、信号待ちなどのスキマ時間に手軽に行えます。また、イスに座ったままの姿勢で上体を左右にひねったり、両手を合わせてそのまま上に伸びをしたり、手軽に行えるストレッチもあるので、日頃運動不足を実感している人は、ぜひ実践してみてください。

キッチンで立ち仕事をしている合間にも、かかとを上げ下げしたり、料理を煮込んでいる時間を使ってダンベル(ペットボトルに水を入れたモノでもOK)で二の腕を鍛えたり、工夫次第で手軽にトレーニングが行えます。

スキマ時間を有効活用するために

お客様との打ち合わせが予定よりも早く終わった…、直前で会議が中止になった…。急にできたスキマ時間。あなたはすぐに、やりたいことを実行に移せるでしょうか。時間が空いたとき、「さて何をしようか?」と考えてしまうようでは、せっかくできた時間を無駄に過ごすことになりかねません。ここでは、スキマ時間を有効活用するために、事前にやっておきたいことについて解説していきます。

できることを時間別にリストアップ

一日のなかで突然スキマ時間が生まれることがあります。そうしたときに、時間を無駄にしないためにも、事前にやることをリストアップしておきましょう。ただし、スキマ時間はその時々でできる時間が異なるため、時間によってはやりたいことが適さない場合があります。そこで、リストアップする際には、「時間別にできること」としてリストアップしておくことがポイントとなります。

5分程度のスキマ時間にできること

  • メールをチェックする
  • 電話連絡をする
  • ニュースなどで情報収集をする
  • ストレッチなどで気持ちをリセットする

10分程度のスキマ時間にできること

  • メールをチェックして数件に返信する
  • 仕事の進捗状況をチェックする
  • デスクまわりを整理整頓する

30分程度のスキマ時間にできること

  • 資料を読み込む
  • アイデア出しをする
  • 企画書の骨子を考える
  • 日報などをまとめる
  • 仮眠をとる

スキマ時間の見つけ方

スキマ時間の見つけ方

毎日の生活パターンからある程度は決まったスキマ時間が予測できると思います。そのほかにスキマ時間をつくり出そうとした場合、どこかから時間を捻出しなければなりません。起床から就寝までの行動を振り返って、活用できそうな時間がないか考えてみましょう。

早起きしてみる

いつもより早起きをして、いつもより早く出社する。10分早ければ10分、30分早ければ30分の時間が生まれ、気持ちにも余裕ができます。電車もピーク時を避けることで、通勤時の読書や勉強も快適に。会社内にも人が少なく静かなため、効率よく仕事の準備ができます。

歩いている時間を使う

毎朝駅まで歩いている人は、その時間をどう過ごしていますか。すでに、歩きながらラジオや音楽を聴いたり、語学教材を聴いているという人もいるのではないでしょうか。歩くこと自体が健康づくりに一役買っていることはもちろん、歩くことで脳が刺激され、いいアイデアがふと浮かんでくることもあります。そのアイデアを立ち止まってノートに書き留めるのはちょっと面倒ですから、スマホなどの音声入力機能を使って残しておくのがおすすめです。

スキマ時間を有効活用して、余裕のある毎日を

会社でも、家事をしていても、時間に追われるような忙しい日々を過ごしていては、気持ちに余裕が持てず、趣味の習い事など本当にやりたいと思っていることも、なかなか実行に移すことができません。スキマ時間にやるべきことをしっかり処理していくことで、毎日の業務効率を上げて、好きなことを楽しむ時間を手に入れましょう。

「For your LIFE」で紹介する記事は、フマキラー株式会社または執筆業務委託先が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成しておりますが、完全性、正確性、または適時性等を保証するものではありません。