30代女性のファッション・服選びのポイントとおすすめコーディネートを紹介!

30代女性のファッション・服選びのポイントとおすすめコーディネートを紹介!

30代になって、今まで似合っていた服が似合わなくなってきたと感じる方も多いのではないでしょうか。10代や20代の頃は若さという武器がありますので、流行の服を迷わず着られるでしょう。しかし、30代になると20代の頃の服が若作りのように思えてきて、どういう服を着たらいいのかわからなくなってしまう方は少なくありません。

そんなファッション迷子になってしまった方に、30代女性が服選びに悩む理由と服を選ぶポイントをご紹介します。

30代女性がファッションに悩む理由

20代の頃は、着てみたい服がたくさんあったのではないでしょうか。しかし、30代になると何を着たらいいのか悩んでしまう人が多いようです。30代女性はなぜファッションに悩むのでしょう?その理由を見ていきましょう。

20代の頃に比べて体形が変わるから

20代の頃に比べて体形が変わるから

30代になって20代の頃の服が似合わなくなってくる理由の1つには、体形の変化が挙げられます。30代女性の中には20代の頃と変わらない食生活をしているのに、なぜかお腹周りや二の腕が気になるようになってきたと感じる方も多いでしょう。

30代になって痩せにくくなるのは、代謝が落ちることが原因と考えられます。30代になると10代や20代の頃に比べて体を動かす機会が減り、筋肉量が減るため代謝が落ちてしまいます。そして消費されなかったエネルギーは、脂肪となって蓄えられてしまうのです。

体形が変わってくることで、これまで似合っていた服が似合わなくなってしまいます。

20代の服が若作りに感じるから

30代前半の女性は、まだまだ見た目も若くて外見の雰囲気は20代と変わらない人もいます。しかし、30代という年齢を意識すると、20代の服が若作りに思えてくるでしょう。

30代になると体形や肌に変化が目立ち始めるため、20代のときに似合った服が似合わなくなってくることがあります。また、職場で後輩が増え、社内でのポジションが上がることで、20代女性と同じような服が若作りに思えてくるでしょう。

若作りはしたくないけれど、地味すぎる服も着たくないということで、ファッションに悩む30代女性が多いようです。

落ち着いた服装が必要な場面が増える

30代女性は、クローゼットの中に服はたくさんあるのに、着て行く服が見つからないという方もいるでしょう。30代になると落ち着いた服装が必要な場面も増えます。冠婚葬祭やお食事会、子どもがいる人なら園や学校の行事など、きちんとした場に出るときにふさわしい服が見つからなくて悩んでしまうこともあるようです。そんなとき、たとえば黒のワンピースのように着回しできるアイテムを持っていると安心でしょう。

30代女性のファッション・服選びのポイント

30代になると、20代の頃とは服選びのポイントが違います。30代女性のファッションや服選びのポイントをご紹介します。

上質な素材を選ぶ

20代の頃は、流行に飛びつきたくなる女性も多いことでしょう。女性のファッションのトレンドは移り変わりが激しいので、今年のトレンドアイテムは来年になると流行遅れになり、着られなくなるかもしれません。そのため1年で着られなくなっても惜しくないように、流行アイテムは格安な商品で揃える人も多いです。

しかし30代になれば、そろそろ流行ばかり追いかけずに長く愛用できる上質な服を手に入れたいものです。ブランド名がわからなくても、見ただけで上質であることがわかるような素材や色のファッションは、品格ある30代に似合います。

価格の低いアイテムは、生地が薄いものや、色や柄が安っぽい印象を与えるものも見られます。30代のアイテム選びは、安く見えてしまう素材は避け、上質なものを選ぶとよいでしょう。

ベーシックカラーを選ぶ

30代女性におすすめなのは、シンプルで上質なファッションです。20代の頃はさまざまな色に挑戦した方もいるでしょうが、30代になれば白・ベージュ・黒・グレーなどのベーシックカラーを中心に選ぶことをおすすめします。落ち着いた印象のベーシックカラーは、どんなシーンにも似合います。流行も年齢も関係ないので、長く愛用できるでしょう。他の色と合わせやすいので、コーディネートに迷う時間を短縮できます。

ワントーン明るい色を選ぶ

似合うと思っていた色が似合わなくなってきたら、ワントーン明るい色を選んでみましょう。明度を上げると今の自分に似合う色が見つかることがあります。グレーやベージュといったベーシックなカラーもワントーン明るい色を選んでみましょう。

かわいすぎるデザインは避ける

かわいすぎるデザインは避ける

10代の頃から変わらずリボンやフリルなどのかわいいデザインが好きな人もいるでしょう。30代でも若く見える人は、かわいいデザインのファッションを着ても違和感がないかもしれません。しかし、たとえ似合うとしても、年齢を知っている人が見たら「若作りしすぎて痛い」と思われてしまいます。

30代になれば、リボンやフリルがたっぷり使われたデザインは、そろそろ卒業した方がよいでしょう。かわいいデザインを着たい人は、ワンポイントとして使われている程度のものにしておきましょう。

甘いデザインは落ち着いた色を選ぶ

レースの装飾がある服など、女性らしく甘いデザインは30代女性にも似合いますが、色まで甘いとやりすぎ感があります。甘いディテールの服は、色やシルエットが大人っぽいものを選んでバランスを取りましょう。

露出は控えめに

10代や20代の頃は、ミニスカートなど露出が多い服も若さで着こなせますが、30代で露出が多い服を着ると品がなく見えてしまうことがあります。目のやり場に困るような服を着ていると、周りの人を困らせてしまうでしょう。過度な露出は避け、上品なファッションを選ぶ方が30代ならではの大人の魅力が感じられます。

ただし、全身を隠せばいいというわけではありません。首・手首・足首の3つの首を見せることで、抜け感が出て着痩せ効果もあります。Vネックのトップスを選んだり、袖や裾をロールアップしたりなど、首・手首・足首を見せてすっきり着こなしましょう。

カジュアルスタイルには上質な小物を

30代女性はカジュアルスタイルのときも、上品さを忘れないようにしたいものです。デニムなどカジュアルなファッションのときは、ヒールの靴や革のバッグなど、上質で女性らしい小物を合わせて大人っぽいカジュアルスタイルを意識しましょう。また、カッチリ着るよりも胸元のボタンを適度に開けたり袖をロールアップしたりして、抜け感を出すことで大人の余裕が感じられます。

試着してサイズが合う服を購入する

試着してサイズが合う服を購入する

服を購入するときは、できるだけ試着してからにしましょう。鏡を見て野暮ったく見えるときは、服のサイズが合っていないのかもしれません。

服はブランドやシルエットによって大きさが異なるため、「自分は9号、Mサイズ」と思っている人も、アイテムによっては11号の方がきれいに着こなせる可能性があります。また、30代になってサイズに変化が現れたのに、気づかずに20代の頃と同じサイズを選んでいる人もいるかもしれません。小さなサイズの服を着るよりも、自分の体形に合ったサイズの服を着た方がスタイルよく見えるものです。

可能であれば、お店で複数のサイズを試着してみることをおすすめします。

30代女性におすすめコーディネート

30代女性が素敵に見えるおすすめのコーディネートを3つご紹介します。

Vネックニット×デニム

カジュアルスタイルにおすすめなのが、デニムパンツにVネックニットのコーディネートです。カジュアルなデニムには、Vネックでさりげなく鎖骨を露出して女性らしさをアピールしましょう。足元はヒールの靴を合わせることで、大人っぽいカジュアルスタイルに仕上がります。

黒ワンピース×テーラードジャケット

黒のワンピースを1枚持っていると着回しできて重宝します。大人の女性らしさが感じられる黒ワンピースには、あえてマニッシュなテーラードジャケットを合わせてカッコよく着こなしましょう。

キャメルチェスターコート×チェック柄パンツ

30代女性の冬におすすめコーディネートは、大人っぽいキャメルのチェスターコートにチェック柄パンツのコーディネートです。きちんと感があるのにカチッとしすぎないので、大人の余裕が感じられます。

服選びを楽しくするために

服選びのポイントをご紹介しましたが、実際に服を楽しみながら選ぶためのおすすめ方法をご紹介します。

ファッション誌を活用する

ファッション誌を活用する

30代になれば流行に振り回されないようにしたいものですが、トレンドは意識しておきたいものです。ファッション誌をめくれば、モデルさんがオシャレな着こなしをしているので、参考になるでしょう。

30代女性向けのファッション誌には、働く女性向けやママ向けのものがあります。オフィスカジュアルの職場にお勤めの方や、通勤用の服を買いたい方は、30代の働く女性向けファッション誌を参考にしてはいかがでしょうか?育児中もオシャレを忘れたくない方や、幼稚園、保育園の行事に着て行く服を探したい方は、ママ向け雑誌を参考にしてみましょう。

同年代の人のファッションを参考にする

周りの30代女性はどんな服を着ているか参考にしてみましょう。同年代の友達や同僚で素敵な服を着ている人がいるなら、どこで服を買っているか聞いてみてはいかがでしょうか。街を歩くときも、同年代女性のファッションをチェックすると、着てみたい服が見つかるかもしれません。

ショップの店員さんに相談

行きつけのショップがあるなら、店員さんに服選びを手伝ってもらいましょう。たとえばボトムスを購入するときは、似合うトップスを選んでもらって一緒に購入してはいかがでしょうか?同じブランドの服なら雰囲気が似ているものも多いので、合わせて購入しておくことで、コーディネートに悩まなくてすみます。

また、いつも同じような服ばかり選んでしまう人は、店員さんに頼んで似合う服を選んでもらうのもおすすめです。自分では選ばないような服が、意外と似合うということを発見できるかもしれません。

まとめ

30代になると、20代の頃に着ていた服がだんだん似合わなくなってきます。30代からは、流行にとらわれるのではなく、自分を素敵に見せてくれる服を探してはいかがでしょうか。

まずは自分に似合うサイズ、シルエットであるか見極めるために、試着をしてから買うようにしましょう。おしゃれな友人や、ショップの店員さんにアドバイスをもらうのもおすすめです。

30代は、20代の頃に比べると、大人っぽいファッションがしっくりくるようになる年代です。30代ならではの大人かわいいファッション、クールなファッション、きれいめカジュアルなど、自分の性格や雰囲気に合った服を選ぶようにしましょう。

服選びに迷う人は、自分の体形や性格、好みを見直して、今の自分に似合う上質で品のある服を選ぶようにしてはいかがでしょうか。

「For your LIFE」で紹介する記事は、フマキラー株式会社または執筆業務委託先が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成しておりますが、完全性、正確性、または適時性等を保証するものではありません。