行動力を上げたい!行動力がある人の特徴と行動力を上げるポイント

行動力を上げたい!行動力がある人の特徴と行動力を上げるポイント

挑戦してみたいことがあっても「今は忙しいから」「お金がたまってから」と先延ばししてしまうことはありませんか?「いつかやってみよう」と思っていると、結局実行するときはやってきません。せっかくいい考えが浮かんでも、実行しなければ意味がありません。自分がやりたいことを見つけたら、迷わず突き進み、やり遂げる人のような行動力を身につけたいと思いませんか?

この記事では、行動力がある人の特徴と行動力を上げるポイントをご紹介します。行動力を高めて仕事もプライベートも充実させましょう。

行動力がある人の特徴

まずは行動力がある人に共通する特徴を10個挙げます。行動力がない人は、次に挙げるポイントが弱い可能性があるのでチェックしてみてください。

1.好奇心旺盛

行動力がある人は、好奇心旺盛でさまざまなことに興味を持つ人が多いです。「知りたい」「やってみたい」という気持ちが強く、好奇心を満たすために行動するので、知識もどんどん豊富になっていきます。

また、行動力が高い人は人への関心も高いです。相手に関心を持って接するので、すぐに打ち解け、交友関係が広がり、ますます行動力が高まります。

2.失敗を恐れない

2.失敗を恐れない

失敗を恐れすぎると、やってみたいことがあってもなかなか行動に移せません。最悪の事態ばかり考えてしまうので、やってみる勇気が湧いてこないのです。しかし、行動力がある人は過度に失敗を恐れません。もちろんある程度はリスクを考えて慎重にならなくてはいけませんが、やってみる前から失敗することばかりを考えたりはしません。

頭で考えるだけではわからないこともあります。行動力がある人は、行動して失敗したとしても、学ぶチャンスだと捉えているので、失敗を恐れないのです。

3.明確な目標を持っている

明確な目標を持たずに行動しても、モチベーションが保てません。行動力がある人は、自分が何をしたいのかハッキリとわかっています。また、行動力がある人の目標は具体的です。「何をしたい」というだけでなく「いつまでに達成したいか」「目標を達成してどうなりたいか」といったところまで具体的に考えています。目標がはっきりしているため、すぐ行動に移せて、目標達成まで諦めずに続けられるのです。

4.決断が早い

行動力がある人は、いつまでも悩まずスパッと決める決断力の速さが特徴です。逆に決断までに時間がかかってしまう人は、行動力があるとはみなされないでしょう。もちろんよく考えて決断しないといけないこともありますが、それでも行動力がある人の決断は早いです。決断が早ければ早く行動に移せるので、時間をムダにしません。

5.スピード重視

行動力がある人の仕事は、最初から完璧を目指していません。まずはスピード重視で完成させ、それから調整して完璧にすればいいからです。もし最初から完璧を目指したら、慎重になって時間もかかります。それから調整すべき点が見つかると、さらに完成まで時間がかかるでしょう。

6.ポジティブ思考

行動力がある人は、何事も前向きに考える特徴があります。うまくいかないことがあっても落ち込むのではなく、「今度は違う方法でやってみよう」と前向きに考え、失敗から学んでいきます。失敗したときに「やっぱり無理だ」「やらなければよかった」と後悔ばかりする人は、行動に移すのが難しくなるでしょう。行動力がある人も何度も失敗を経験しますが、失敗の経験を生かそうとするため、立ち止まらず目標達成に近づけます。

7.ブレない意志を持っている

人それぞれ考え方は違うので、何かを始めようとしたときに、周りの人に意見されることもあるでしょう。しかし行動力がある人はブレない意志を持っているので、周りの人に何か言われても自分の考えを簡単に変えるようなことはしません。人の意見を否定するわけではなく、「そういう考え方もあるのだな」と認めつつも、自分の意志を貫きます。

8.誘われたら基本的に断らない

8.誘われたら基本的に断らない

行動力のある人は、人づきあいにも積極的なので、誘われたときは基本的に断りません。そのため誘われる機会が多く、交友関係が広がっていきます。狭い人間関係よりも、広く浅い付き合いを好む傾向です。

9.自己肯定感が高い

自己肯定感が高い人は、行動を起こすときに「自分ならできる」と信じています。「どうせ自分には無理だろう」という考え方をする人なら、行動する前に自分でストップをかけてしまうでしょうが、自己肯定感が高い人は余計なことで悩まないため、スムーズにやりたいことに挑戦できるのです。そして行動すればするほどますます自己肯定感が高くなっていきます。

10.気持ちの切り替えが早い

計画通りにいかなかったとき、「失敗した」と落ち込んでしまうこともあるでしょう。行動力がある人も失敗したときは落ち込みますが、いつまでも引きずったりはしません。気持ちの切り替えが早いので、別の方法を考えて挑戦できるでしょう。長い時間落ち込んでいるわけではないので、モチベーションを下げることもありません。

行動力を高める方法

考えるばかりで行動できない人は「もっと行動力があれば…」と思うこともあるでしょう。「もっと行動力を高めたい」という人は、次のポイントを意識してみてはいかがでしょうか?行動力を上げる方法を8つご紹介しますので、取り組みやすいことから始めてみてください。

1.具体的な目標を設定する

まずは目標をできるだけ具体的に設定しましょう。目標をいつまでに達成するか期限を決めておくと、先延ばしを防いで行動力アップにつながるでしょう。目標は最終的な目標だけでなく、その目標に至るまでの小さな目標も設定しておきます。小さな目標を1つ達成すれば、弾みがついて次の小さな目標も達成しやすくなります。

2.制限時間を設ける

2.制限時間を設ける

時間がいくらでもあると思えば気が緩んでしまいませんか?「1時間以内に〇〇をする」というように制限時間を設けることで、適度な緊張感と集中力が高まります。頑張ったら達成できる程度の制限時間を設定して、行動力アップにつなげましょう。

3.成功をイメージする

「失敗するかもしれない」ということばかり考えていると、行動する意欲を失ってしまいます。行動力がない人は、成功をイメージするより失敗をイメージしてしまうのかもしれません。

成功したときにどうなるかイメージしてみましょう。成功をイメージできたらモチベーションが上がりますし、余計な心配が頭に浮かぶこともなくなるので、行動力アップにつながります。

4.スモールステップにする

いきなり大きな目標を掲げると、うまくいったとしても実現できるのはかなり先。自分でも実現できる気がしなくなり、やる気をなくしてしまうかもしれません。大きな目標があるとしても、スモールステップで少しずつ実現していく方が現実的です。スモールステップなら成功をイメージしやすいですし、成功体験を積み重ねるたびに達成感を味わえます。少しずつレベルアップしていき、最終的な目標に到達できるでしょう。

5.周囲の声を気にしすぎない

人の意見に耳を貸すことは大切ですが、何かやりたいことがあると「それは無理なんじゃない」「やめておいた方がいいよ」とやる気に水を差す人もいます。足を引っ張ろうとしている人もいれば、本気で心配してくれている人もいるでしょう。しかし、これから新しいことを始めようとしているときにマイナスな言葉を気にしすぎていては、自分で判断できなくなりスタート地点にも立てません。行動力を削ぐような言葉は、あまり気にしすぎないようにしましょう。

6.やる事を先延ばししない

6.やる事を先延ばししない

今日できる事は今日やってしまうようにしましょう。「明日でも構わないことは明日すればいい」と考える人は、先延ばし癖がついてしまいます。行動力を高めるためには、今日できる事を今日中にすませる習慣をつけて、先延ばしをやめましょう。

7.完璧を目指さない

完璧主義になってしまうと、完璧な計画を立てるまで実行できません。行動に移すまで時間がかかりますし、少しでも失敗したらやる気を失ってしまうでしょう。行動力を上げるなら、悩みすぎずにまずは動いてみましょう。実際、計画通りにはいかないことも多いです。それなら動きながら計画を調整していく方が効率がよいでしょう。

「失敗したくない」という気持ちから慎重になりがちですが、行動力を上げるならじっくり考えてから腰を上げるより、まずは行動を起こしてみましょう。

8.できない理由を考えない

行動力がない人は、やりたいことがあってもできない理由を考えてしまいます。「時間がないから」「周りの人は誰もやってないから」など、理由はたくさん見つかるでしょう。また、「お金がたまったらやろう」「時間に余裕ができたらやろう」「もう少し勉強して知識を増やしてからやろう」という人もいますが、このように考えて結局行動しなかった経験はないでしょうか。

行動力を高めるには、やらない理由を考えないことです。恐らくこれまでいつもやらない理由を挙げて、やりたいことに挑戦しなかったのでしょう。これからは先延ばしをなしにしましょう。

まとめ

やってみる前から失敗を恐れてばかりいる人は、結局行動せずに終わることが多いでしょう。行動しなければ失敗することはありませんが、何かを得ることもありません。行動力がある人は、いつまでも悩まずに行動するので、失敗もありますがくじけません。失敗から学べば成功に近づけると知っているからです。

行動力がないと悩んでいる人は、行動力がある人の考え方から学んではいかがでしょうか。行動力を高めたら、「あのとき行動しておけばよかった」と後悔することもなくなるでしょう。

やりたいことがある人は、具体的な目標を決めてさっそく行動してみませんか?

「For your LIFE」で紹介する記事は、フマキラー株式会社または執筆業務委託先が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成しておりますが、完全性、正確性、または適時性等を保証するものではありません。