春の庭活(にわかつ)を楽しむ

園芸シーズン到来です。春は庭づくりや花、野菜の植え込みを楽しむ「庭活(にわかつ)」の始まる季節です。
庭活とは、お庭作りのための準備から花を育てたり、野菜を作ったり、子どもやペットと遊んだり、バーべキューを楽しんだりと、お庭で楽しむ活動のことです。
春から始める庭活や、この季節から活動を始める害虫への対策についてご紹介します。

【関連記事】 園芸、ガーデニングを楽しむ庭活(にわかつ)のすすめ

庭活は鉢やプランターを置く場所の確保から

春は1年で最も多くの花が咲き、ガーデニングを始めるのにも最適な時期です。
まずは、花壇づくりや鉢、プランターを置く場所の確保が必要となります。場所は、なるべく日当たりのよい場所を選びます。

もし日当たりのよい場所を確保できない場合は、あまり日光を必要としない植物を選びます。植物の種類選びも楽しい庭活です。

庭活道具を揃える

場所の確保の次はガーデニングに必要な、さまざまな道具を揃えます。
(最低限必要となるもの)

  • ジョウロ
  • ホース
  • スコップ
  • シャベル
  • ガーデンニング用のハサミ
  • グローブ

ジョウロは、ガーデニングをするスペースに合ったものを選びます。あまり大きすぎると水やりがしにくかったりします。またホースは長さに注意して、使いやすい長さのものを選びます。
スコップやシャベルは、扱いやすいように自分の手に合う大きさのサイズを選びます。
ハサミはガーデニング用のハサミを使用しますが、色々なタイプのものがあるので、植物の種類や用途に合わせて選びます。
グローブは、手の汚れを防ぐとともに、作業中の安全のために使います。
その他には、ガーデニング用の作業着や帽子も準備します。日差しの強い日には、長袖の服や帽子があると日焼け防止にもなります。

春に人気の花選び

チューリップ

春に咲く花で人気が高いのは球根植物のチューリップです。
開花時期は3月から5月。

カーネーション

母の日に贈る花として人気が高いのがカーネーションです。
カーネーションは、赤やピンク、緑などとてもかわいらしい花を咲かせます。
開花時期は3月から5月。

ガーベラ

ガーベラも人気の高い花です。ガーベラは大きな花を咲かせる多年草です。
開花時期は3月から5月と9月から11月の2回です。

春の病害虫対策

春から活動を始める害虫には、アブラムシやアオムシなどがいます。
病害虫への対策をすることで、育てる花や野菜への愛情がわき、一層庭活を楽しむことができます。虫による被害と対策を紹介します。

アブラムシ

被害:吸汁によって植物を弱らせたり、虫こぶを作って見た目を悪くします。病原菌を媒介することもあります。

対策製品:カダンセーフ

アブラムシを予防します。
野菜と花の病気や虫対策に、化学殺虫剤を使わない殺虫・殺菌剤です。使い方は、かけムラがないようにたっぷり散布します。

アオムシ

被害:

対策製品:カダンプラスDX

アオムシを予防します。花・野菜・庭木の病害虫対策と活力補給に1本で対応。
花や野菜、庭木に全体に散布します。

春はお庭作りやお庭のお手入れ、ガーデニングなど庭活を始めるのに最適な時期です。
鉢やプランター、さまざまな道具を揃えるのも楽しい気分になります。そして花や野菜の病害虫対策も大切な庭活です。庭活にはさまざまな楽しみ方があるので、春の庭活から始めて自分に合った楽しみ方を見つけてみましょう。

【関連記事】 園芸、ガーデニングを楽しむ庭活(にわかつ)のすすめ

「For your LIFE」で紹介する記事は、フマキラー株式会社または執筆業務委託先が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成しておりますが、完全性、正確性、または適時性等を保証するものではありません。