キッチンガーデンの楽しみ方

ガーデニングにはさまざまな楽しみ方がありますが、手軽にガーデニングを楽しめるのがキッチンガーデンです。キッチンガーデンは、自宅の庭やベランダで野菜や果物、ハーブなど食べられる植物を彩りも考えながら植えて育てる、観賞と収穫を兼ねた楽しみ方です。今回は、キッチンガーデニングの楽しみ方についてご紹介します。

キッチンガーデンとは

旬の野菜や果物、ハーブなど食べられる植物を美的な彩りも考えて、鑑賞しながら育て、成長したら収穫して自家消費します。家庭菜園は野菜だけを育てますが、キッチンガーデンは、果物やハーブなどの草花も一緒に育てます。
主に食べることを目的に作るのが家庭菜園ですが、キッチンガーデンは、観賞しながら目でも楽しむガーデニングと言えます。

キッチンガーデンにおすすめの植物

キッチンガーデンには、手間があまりかからないミニトマトやきゅうり、枝豆、葉野菜、ハーブなどが向いています。

ミニトマト

キッチンガーデンで人気が高いのはミニトマトです
赤く実ったミニトマトは、庭によく映えて、旬の季節感を感じさせてくれます。

バジル

バジルはベランダでも栽培することができます。ミニトマトとバジルを一緒に植えるとバジルが水分を吸収し、トマトの甘みを増してくれます。

きゅうり


日当たりと風通しさえ良ければ、庭でもベランダでも栽培できます。

ほうれん草

ほうれん草は葉菜類の中でも虫に強くて育てやすいため、初心者向きの野菜です。
サラダやおひたし、味噌汁など用途が広い植物です。

小松菜

小松菜も葉菜類の中では育てやすく、初心者向きの野菜です。

ナス

ナスには水を多めにやり、切らさないように育てるのがポイントです。
こちらも色鮮やかな野菜のため、観賞しながら成長を楽しむことができます。

ラベンダー

ラベンダーもキッチンガーデンでは人気の高い植物です。
ハーブティーにして香りを楽しむこともできます。

ワイルドストロベリー

ベリー系では人気の高い果物です。
水はけや日当たりに気を付けるだけで、どんな場所でも丈夫に育ちます。

キッチンガーデンのポイント

四季に合わせた植物選び

キッチンガーデンでは、植物の成長を観賞しながら収穫を楽しむため、花や実が成長した時の彩りを想像しながら、四季の季節に合わせて植える植物を選びます。
始める時期は、やはり種や苗の種類が豊富にある春がいいでしょう。

培養土

肥料と有機物など基本用土と補助用土が混ざった土で、ガーデニングにはそのまま使用することができます。花用や野菜用など用途に合わせた培養土があります。

水やり

キッチンガーデンでは水やりが大切になります。水をやりすぎると腐らせてしまい、やらなければ枯れてしまいます。水やりは基本的には1日1回朝、量はたっぷりめにやります。

病・害虫対策

植物の成長において問題になるのが病気や害虫による被害です。早期に発見し早めに対処することが大切ですが、病害虫対策剤などを使用することも効果的です。


カダンセーフ
野菜と花の病気や虫対策に、化学殺虫剤を使わない殺虫・殺菌剤。化学殺虫剤を使わない殺虫・殺菌剤で野菜も草花もセーフ!


カダンプラスDX
花・野菜・庭木の病害虫対策と活力補給に1本で対応。

キッチンガーデンは、庭やベランダで旬の野菜や果物、ハーブなどを育てて味わうことができます。自分が植えた植物を目で楽しんで、そして収穫して味わう楽しみがあります。またキッチンガーデンは手軽に始められることもその魅力の一つです。目で楽しみながら食卓を豊かにしてくれるキッチンガーデンは、ガーデニングの入門編と言えるでしょう。

「For your LIFE」で紹介する記事は、フマキラー株式会社または執筆業務委託先が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成しておりますが、完全性、正確性、または適時性等を保証するものではありません。