セーターの洗濯方法。「手洗い」「洗濯機洗い」の手順と型崩れしない干し方を解説

セーターの洗濯方法。「手洗い」「洗濯機洗い」の手順と型崩れしない干し方を解説

セーターは、これからの寒い季節に大活躍する衣類です。着る頻度が特に高くなる冬は、クリーニングに出すより自宅で洗いたいと思う方が多いのではないでしょうか。

今回は、セーターを手洗いする方法と洗濯機で洗う方法について解説いたします。また、縮んでしまったセーターを元に戻す方法や、着た後のお手入れ方法についてもご紹介いたします。大切なセーターをきれいに保つために、洗濯方法だけでなく日ごろのケアについても気を配りましょう。

セーターを洗濯する前にチェックすること

自宅でセーターを洗濯する前に、チェックしておくべきことがあります。次の2点について、よく確認しましょう。

洗濯表示を確認する

セーターには、自宅で洗えるものと洗えないものがあります。まずは洗濯表示をチェックして、自宅での洗濯が可能かどうか確認してください。たらいマークに×印の表示があるときは、自宅での洗濯を避けましょう。たらいのマークだけであれば洗濯機での洗濯が可能、たらいに手のマークがあれば手洗いが可能という意味です。

ニットは繊細なので、カシミアなど高価なセーターはクリーニングに出した方が無難です。また、スパンコールなどの装飾があるセーターは、洗濯中に取れたり生地を傷めたりするおそれがあります。革の部分があるセーターも、自宅で洗うのは避けた方がよいでしょう。

色落ちをチェックする

セーターの洗濯には、おしゃれ着用の中性洗剤を使います。目立たないところにつけてしばらく置き、白いタオルをあてて色移りしないかチェックしてください。タオルに色が移る場合は色落ちのリスクが高いので、自宅で洗わないようにしましょう。

セーターを洗濯する方法

自宅でセーターを洗濯するには、2つの方法があります。「手洗い」と「洗濯機洗い」のそれぞれについて確認しましょう。

「手洗い」の方法

洗濯機で洗うのが心配な場合は、手洗いでやさしく洗いましょう。セーターを手洗いする手順を解説いたします。

洗濯物をたたむ

ボタンがついている場合は、全てきちんと留めておきます。汚れの目立つ袖などの部分が表になるようにたたみます。

洗濯液に浸ける

洗濯おけに30度のぬるま湯を入れ、おしゃれ着用中性洗剤を溶かして洗濯液を作ります。たたんだセーターを浸し、汚れが気になるときは10分程度浸け置きしましょう。

押し洗いする

ニットは摩擦に弱いため、押し洗いしてください。こすったりもみ洗いしたりすると、縮みや毛玉の原因になります。

すすぐ

洗濯おけのぬるま湯を入れ替えて、セーターを泳がせるようにすすぎます。すすぎの最後に柔軟剤を使うとふわふわの仕上がりになるうえ、静電気の防止効果も期待できます。

脱水する

水気を切ったらバスタオルで包んで水分を吸い取ります。脱水で洗濯機を使う場合は、ネットに入れて30秒〜1分程度で済ませましょう。

「洗濯機洗い」の方法

「洗濯機洗い」の方法

セーターを洗濯機で洗えば、手間がかかりません。洗濯機を使うときは、次の手順で洗いましょう。

洗濯物をたたんでネットに入れる

ボタンがついている場合は全て留め、汚れの目立つ袖などの部分が表になるようにたたみます。たたんだ衣類のサイズに合った洗濯ネットに入れましょう。

洗濯機のコースを設定する

洗濯機によって名称が異なりますが、「ドライコース」や「手洗いコース」など、通常よりやさしく洗うコースを選んでください。脱水は1分以内に設定しておきましょう。

おしゃれ着用中性洗剤を入れる

手洗いの場合と同じように、おしゃれ着用中性洗剤を入れます。柔軟剤も入れるとふわふわに仕上がり、静電気の防止効果も期待できます。

セーターの干し方

セーターの干し方は、平干しが鉄則です。セーターは水を含むと重くなるため、ハンガーにかけて干すと袖が伸びたり、ハンガーの跡がついたりします。平干し用ネットを使って、型崩れを防ぐために形を整えて平干ししましょう。また、直射日光に当たると生地が傷むことがあるため、日陰に干してください。

縮んだセーターを元に戻す方法

セーターを洗濯したら縮んでしまった、という経験のある方もいることでしょう。ウールの表面は、髪の毛のようにキューティクル状になっています。水に濡れるとキューティクル状の表面が開くため、洗濯時に力が加わると繊維が絡まって縮んでしまうのです。

縮んだセーターを元に戻す方法がありますので、試してみてください。

トリートメント(コンディショナー)を使う

トリートメント(コンディショナー)を使う

縮んでしまったセーターは、トリートメントを使ったケアで元に戻すことができます。市販のトリートメントで構いませんが、「ジメチコン」「アモジメチコン」という成分が入ったものを選んでください。

  1. 洗濯おけに40度のお湯5Lを入れ、トリートメント小さじ半分を溶かします。
  2. セーターをおけに入れて浸透させ、手で押して絞ります。
  3. 縮んでしまった部分を手で伸ばします。少しずつ力を入れてやさしく伸ばしていきましょう。
  4. 元の大きさまで伸ばしたら、平干しして乾かします。

アイロンのスチームをかける

セーターの伸びた部分にスチームアイロンの蒸気をかけることで、形を整えられます。この際、アイロンを直接あててはいけません。1cm程度離して蒸気をかけ、やけどに気をつけながら少しずつ伸ばしましょう。セーターを無理に引っ張らず、何度か繰り返しながら元のサイズに戻していってください。

セーターを着た後にしておきたいお手入れ

お気に入りのセーターが傷んでしまわないためにも、着た後のお手入れが大切です。きれいな状態を保つために、次のようなお手入れをしましょう。

ブラシをかける

ブラシをかける

1日着たセーターには、ホコリなどの汚れがついています。帰宅したらブラッシングして、汚れを払っておきましょう。また、ブラッシングは摩擦による繊維の絡みをほどくため、毛玉予防にも効果的です。セーターのブラッシングには、馬毛のもので目がぎっしり詰まったブラシがおすすめです。力を入れず、軽く表面を払う程度にブラッシングしましょう。

汗や皮脂をたたき拭きしておく

セーターは保温性が高いので、暖房の効いた部屋にいると汗ばむこともあります。しかしセーターは、着用するたびに洗濯するものではありません。着用後は襟元や脇など、汗や皮脂のつきやすい部分をタオルでたたき拭きしておきましょう。固く絞ったタオルで、こすらずにトントンとたたくように拭くと、毛玉ができる心配もありません。

湿気を取ってから収納する

脱いだばかりのセーターは、温かくて湿気を帯びています。そのまま収納すると、雑菌が繁殖してカビの原因になることもあります。帰宅してセーターを脱いだら、ハンガーにかけて湿気を取ってから収納しましょう。

1日着たら数日は休ませる

お気に入りのセーターだからといって毎日着ると、繊維が摩耗してしまいます。1日着たら2〜3日は休ませるようにするのが、セーターを長持ちさせる秘訣です。

毛玉を取り除く

毛玉を見つけたら、毛玉取りか小さなハサミを使って取り除いてください。放置するとどんどん大きくなるので、見つけたらすぐ取るようにしましょう。

衣替えの際の注意点

衣替えでセーターを出した際、カビが生えていたり、虫食いの被害に遭っていたりした経験のある方もいることでしょう。大切なセーターがシーズンオフの間に傷んでしまわないように、衣替えで収納する際は次の点に気をつけましょう。

洗濯してから収納する

洗濯してから収納する

汚れが付着したまま長期間収納すると、虫食いの被害に遭うおそれがあります。たとえ目に見えなくても、皮脂汚れやわずかな食べこぼしがあるかもしれません。衣替えで収納する前には、きれいに洗濯するかクリーニングに出すなどして、清潔な状態にしておきましょう。

クリーニングのビニール袋は取っておく

クリーニングに出したセーターが戻ってきたら、ビニール袋を外しましょう。ビニールをかぶせたまま保管すると湿気がこもり、カビの原因になってしまいます。

衣装ケースに詰め込みすぎない

衣装ケースに衣類を詰め込みすぎると、シワや型崩れの原因になります。衣替えは、着なくなった服を仕分けするよい機会ですから、不要になった服を処分して量を減らしてから収納しましょう。衣装ケースにも余裕ができ、シワや型崩れを防ぐことができるでしょう。

防虫剤を入れておく

衣類の虫食いを防ぐために、防虫剤を入れておきましょう。フマキラーの「サザン・ロング 洋服ダンス用」は、効き目がたっぷり1年の洋服ダンス用防虫剤です。つるした衣類が揮散口をふさがないハイポジション設計で、収納空間に合わせたワイドな効き目を実現し、衣類にイヤな薬剤臭を残すこともありません。さまざまな衣類によるニオイやカビなど、クローゼット内の複合臭をすっきりと消臭します。

虫食いを防ぐと同時に消臭効果も発揮しますので、ぜひクローゼットに入れて大切な衣類を守ってください。

まとめ

肌に直接触れる襟元や袖などには汚れがたまることがありますので、セーターを自宅で洗えるととても便利です。洗濯表示を見て水洗いが可能であれば、クリーニングに出さなくても自宅で洗うことができます。

自宅で洗う方法には、「手洗い」と「洗濯機洗い」の2通りがあります。大切なセーターは手洗い、普段着用のセーターは洗濯機洗いというように、洗い分けるのもよいでしょう。また、干し方を誤ると型崩れしますので、セーターは日陰で平干しということを忘れないようにしてください。

着用後にひと手間かけることで、セーターの寿命を伸ばすことができます。大切なセーターは脱いだ後も丁寧に扱い、きれいな状態をキープしましょう。

「For your LIFE」で紹介する記事は、フマキラー株式会社または執筆業務委託先が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成しておりますが、完全性、正確性、または適時性等を保証するものではありません。