ヒアリとは

ヒアリ(アカヒアリ)

外来生物法により「特定外来生物」に指定

ヒアリ
アリ科フタフシアリ亜科トフシアリ属
【学名】 Solenopsis invicta
Solenopsis :トフシアリ属(ギリシア語で「管のようなもの」を意味)
invicta :ギリシア語で「攻略できない、強い」という意味。
【英名】 Red imported Fire ant →「刺されると火傷のような痛みを起こす」ことが由来
【外見】 体長2.5mm〜6.0mm(様々なサイズのアリが混在) 体色→赤茶色(腹部は暗色)
【巣】 直径25〜60cm、高さ15〜50cmのドーム状のアリ塚 ※深さは最大で180cm
【分類】 ハチ目(Hymenoptera)
スズメバチ上科(Vespoidea)
アリ科(Formicidae)
フタフシアリ亜科(Myrmicinae)
トフシアリ属(Solenopsis)
同属に約200種類が知られている。体色が赤色で刺された時にやけどをしたような激しい痛みでfire ant(火蟻)と呼ばれている。 働きアリは2.5-6.0mmで、大きさにばらつきがある。成虫の餌は、植物の芽、種子、小動物など(農業害虫)。口器は、抑えるのみで、腹部末端からの針でアルカロイド系の毒(solenopsin)を注入する。攻撃的な性質で、周辺から別種のアリを追い出す。
ヒアリは毒針を持っており危険ですので、発見した場合には、環境省ヒアリ相談ダイヤルか、都道府県の環境部局に通報してください。

ヒアリに似た在来種

(※リンク先は、「日本産アリ類画像データベース」です。)

生態

営巣性

道路わき、牧草地、芝生、公園、造成地などを好んで営巣する。

成長・活動温度帯

最も発育の早い32℃の場合、18日〜34日で卵から成虫になる。
幼虫は21℃以下では成長しないが、生存は可能である。
36℃以上になっても成長は止まり、長時間高温にさらされると死亡する。
30℃の室内で飼育した場合、寿命は60日〜120日。
コロニー創設から6〜10ヵ月後には働きアリが5,000〜10,000匹になり、
3〜5年で働きアリの平均数が20万匹程度のコロニーとなる。
コロニーの寿命は5〜8年。

産卵能力

女王は7年ほど生存し、最高で1日1,600個以上産卵し、巣全体で25万頭の働きアリが生存するまで大きくなる場合がある。

ヒアリの巣

アカヒアリの巣の内部構造 路肩のコロニーの状況

アカヒアリの巣の内部構造と路肩のコロニーの状況

出典:「ストップ・ザ・ヒアリ」(環境省)
https://www.env.go.jp/nature
/intro/4document/files/r_fireant.pdf

より画像を引用

世界的な分布

ヒアリ分布図

なぜ脅威なのか

人への害

【ヒト等への攻撃方法】
毛や皮膚に咬みついて体を固定し、針を刺し込んで毒を注入する。 針は数回続けて刺すことが多く、損傷は大きくなる。
【ヒアリ類の毒について】
主成分はアルカロイド(約95%)、わずか(0.1%程度)にタンパク質を含む。
※アルカロイドは呼吸困難や意識障害を起こすことがあり、幼児や子供が一度に多数のヒアリに刺されると危険である。
※タンパク質が原因でアナフィラキシーショックを起こし、危険な状態になることもある
【刺された部位の症状】
激痛とともに患部が赤く腫れあがり、10〜12時間後に膿胞が現れる。その後はアレルギー性の低い人は患部にかゆみを感じる程度で、57日程度で治癒する。
※細菌性ではない膿胞ができることがヒアリに刺された場合の特徴的な症状である。
【生活への影響】
地面に近い位置に長時間滞在することへの危険性が高まる。すなわち、公園の砂場遊び、お花見、海水浴、キャンプなど、これまで当たり前のように楽しんできた行事や、余暇の過 ごし方に大きな影響が出ると思われる。

植物・家畜への害

  • アメリカ合衆国などにて農作物に対する被害も多く報告されている。
  • ダイズの根、かんきつ類の樹木、ジャガイモの塊茎などをかじる。
  • 家畜であるニワトリのヒナ、牛の新生児などを襲い、死に至らしめることもある。

生態系への影響

  • 在来種のアリを駆逐・減少させる恐れがある。
  • ヒアリの繁殖により地上性の両生類、爬虫類、小型哺乳類が減少することが 明らかになっている。
  • アルゼンチンアリは巣分かれで増えるが、ヒアリは羽アリが飛び出して新しい巣を作るため、 広がりが早い(羽アリは数km飛ぶと言われる)。
  • ※早急に対策を取らないと、アルゼンチンアリより早く広がってしまう。
発見地域

ヒアリの確認場所

ヒアリの確認場所 
埼玉県東京都
狭山市大井ふ頭
神奈川県静岡県
本牧ふ頭
大黒ふ頭
清水港
浜松市
愛知県京都府
弥富市
春日井市
名古屋港
日向市
大阪府兵庫県
南港
大阪港
尼崎市
神戸港
広島県岡山県
広島港
呉市
水島港
笠岡市
福岡県大分県
博多港
博多区
中津市
2017年5月26日 兵庫県尼崎市において、中国から神戸港に到着したコンテナから積荷を取り出す際にアリのコロニーが発見。同6月9日、専門機関により、ヒアリであることが確認された。
※国内でのヒアリの確認は初めて。
コンテナ内のアリは、燐化アルミニウムにて燻蒸消毒され、全て駆除済み。
働きアリ500固体以上、有翅メス(女王)、有翅オスが含まれていた。(7/5発表)
2017年6月16日 神戸市コンテナヤード内にてヒアリ100匹以上確認
6月28日 継続調査中のトラップで1個体を発見。
7月12日 継続調査中のトラップで1個体を発見。
2017年6月27日 愛知県弥富市 中国から名古屋港に到着したコンテナの外部で発見。
2017年6月30日 大阪市南港 緊急調査によりヒアリを発見。
2017年7月3日 大阪港 調査でヒアリの女王アリ(死骸)を発見。
2017年7月3日 東京港大井ふ頭 コンテナ内で1個体を発見。
同一コンテナ内で100個体以上を発見。(7/6)
同一コンテナの床板をはがすなど詳細な調査の結果、死骸を含む100個体程度の働き
アリ、卵、幼虫、さなぎを発見。女王アリおよび有翅アリは発見されなかった。(7/12)
2017年7月6日 愛知県春日井市 倉庫内に搬入された荷物に付着したヒアリを発見。
2017年7月14日 横浜港本牧ふ頭 アスファルトの割れ目で発見。
有翅オス、サナギ、幼虫を含む700個体以上。
2017年7月20日 大分県中津市 事業者敷地内で発見。20匹程度。
2017年7月21日 福岡市博多港 一時保管中のコンテナ付近で発見。
2017年7月27日 福岡市博多区 事業者敷地内のコンテナ内で発見。
サナギを含む30頭程度。作業員が1箇所刺される。
2017年8月2日
2017年8月3日
名古屋港鍋田ふ頭(愛知県弥富市)コンテナ内部で発見。
2017年8月6日 岡山県倉敷市水島港 コンテナヤード舗装面で200個体以上。
有翅女王アリ2個体含む。
2017年8月10日 埼玉県狭山市 事業者敷地内で積荷の梱包材から女王アリ1個体の死骸を発見。
2017年8月17日 福岡市博多港 コンテナ内部で約300個体を発見。生体約20個体。
2017年8月21日 静岡県清水港 調査トラップ及びその周辺で発見。101個体。
2017年8月23日 広島県広島港 調査トラップ及びその周辺で発見。131個体。
2017年8月24日 静岡県清水港 21日回収トラップの周辺で発見。500個体以上。(有翅メス、オス、サナギ、幼虫、タマゴを含む)
2017年8月30日 愛知県名古屋港 事業者敷地のコンテナ内で発見。1000個体。(女王アリ1個体含む)
2017年9月4日 横浜港本牧ふ頭 空コンテナ内で約60個体を発見。
2017年9月14日 北九州港太刀浦第1コンテナターミナル コンテナヤード内に設置したトラップ22個のうちの1個に7個体を発見。
2017年9月15日 岡山県笠岡市 事業者敷地内の積荷で1個体を発見。
2017年9月27日 横浜港大黒ふ頭 コンテナヤード内で発見。
2017年9月29日 名古屋港鍋田ふ頭(愛知県弥富市) コンテナターミナル2個体を発見。
2017年10月3日
2017年10月5日
横浜港大黒ふ頭 コンテナヤード内で発見。
2017年10月5日 京都府向日市 事業者敷地内で約2000個体(女王アリ2個体、卵・さなぎ含む)発見。
2017年10月13日 横浜港大黒ふ頭 コンテナヤード内で発見。
2017年11月2日 静岡県浜松市浜北区 事業者敷地内で約200個体を発見。
2017年11月3日
2017年11月8日
2017年11月14日
2017年11月15日
広島県呉市 事業者敷地内で発見。
アカカミアリも実は危険

アカカミアリ

外来生物法により「特定外来生物」に指定

アカカミアリ
アリ科フタフシアリ亜科トフシアリ属
【学名】 Solenopsis geminata
【英名】 Fire ant
【外見】 体長3mm〜8mm(様々なサイズのアリが混在)
体色 赤褐色
働きアリには大型のものと小型のものがある。
大型の個体の頭部は肥大し四角形状
【人間への害】
刺されると、アルカロイド系の毒によって非常に激しい痛みを覚え、水泡状(すいほうじょう)に腫れる。
さらに毒に対してアレルギー反応を引き起こす例が、北米だけでも年間で1500件(本種を含めた“fire ant”全体の件数)近く起こっている。
また、1996年に沖縄島の基地において、本種に刺された米軍兵が強度のアナフィラキシーショックを引き起こした例が知られている。
アカカミアリは毒針を持っており危険ですので、発見した場合には、環境省ヒアリ相談ダイヤルか、都道府県の環境部局に通報してください。

日本への侵入

これまで、硫黄島への定着は確認されていた。
沖縄、伊江島にも記録はあるものの、近年は確認されていなかった。
2017年6月20日 神戸港(ポートアイランド)にて、環境省、神戸市、専門家による調査を実施したところ、ヒアリと似た個体を確認。※フマキラー研究員が同行 フマキラー製品にて駆除
20日に採取した個体がアカカミアリであることを確認。(6月21日)
2017年6月23日 大阪市南港 コンテナ業者のコンテナ内で発見。
2017年6月23日 大阪市住之江区 倉庫に搬入されたコンテナの側面で発見。
2017年7月9日 名古屋港 陸揚げしたコンテナ外部で発見。(陸揚げ作業員が刺された)
2017年7月12日 常陸太田市 コンテナ内で発見。
2017年7月14日 東京港青海ふ頭 舗装面の亀裂で発見。1000個体以上。
2017年7月24日 愛媛県四国中央市 事業所敷地内のコンテナ内で発見。
約400匹。有翅女王アリ5匹。
2017年7月24日 横浜港本牧ふ頭 アスファルトの割れ目で発見。
有翅オス、サナギ、幼虫を含む700個体以上。
2017年7月28日 静岡県清水港 コンテナから荷物を搬出後に発見。
2017年8月2日 岐阜県岐阜市事業者施設内 コンテナ内で発見。
2017年8月10日 山口県防府市三田尻中関港 コンテナから積荷を搬出後に約100頭発見。
2017年8月21日 静岡県清水港 調査トラップで発見。14個体。
8月24日再調査で5個体発見。
2017年9月6日 静岡県袋井市事業者倉庫内 コンテナ内で発見。
2017年9月8日 静岡県榛原郡吉田町事業者敷地内 荷物から無翅女王アリ死骸1個体を発見。
2017年9月28日 福岡県京都郡苅田町事業者敷地内 貨物から女王アリ1個体を発見。
2017年10月4日 神奈川県川崎市川崎区事業者敷地内 空コンテナ内で働きアリ10個体を発見。
2017年11月21日 広島県広島市事業者敷地内 貨物から有翅女王アリ死骸3個体を発見。