トイレの収納アイデアを紹介!収納スペースの少ないトイレでもすっきり収納

トイレの収納アイデアを紹介!収納スペースの少ないトイレでもすっきり収納

突然ですが、みなさんはトイレの収納に悩んでいませんか?トイレには、トイレットペーパーや掃除用具、生理用品など収納したいアイテムがたくさんありますが、空いている場所にただ置くだけでは生活感が出てしまいます。

トイレに備え付けの棚がない場合や収納スペースが小さい場合は、数多くあるアイテムをどのように収納すればいいのか悩むものでしょう。

本記事では、誰でも簡単にできるトイレ収納アイディアをご紹介いたします。自分だけではなく家族や来客者も使う場所だからこそ、アイテムをスッキリと収納して、おしゃれで快適なトイレ空間を作りましょう。

トイレ収納が難しい理由

トイレには、収納したいアイテムがたくさんあります。例えば、トイレットペーパーや掃除用具、生理用品などを収納している人が多いのではないでしょうか。一口に掃除用具と言っても、形や用途が違うさまざまなトイレ洗剤やブラシ、トイレクリーナーなど、種類はいくつもあります。

しかし、トイレの中は収納するものの多さの割に、十分な収納スペースがないので、なかなか収納が難しいのです。

たとえ備え付けの棚があったとしても、空間をうまく使えずアイテムが散らかったり、デットスペースができて無駄になってしまうことがあります。

トイレ収納のポイント

トイレ収納のポイント

まずは、トイレ収納のポイントをいくつかご紹介いたします。

隠して収納する

トイレのアイテムは、そのまま置いてしまうと生活感が出て目立ちます。統一感がないので、散らかって見えるのも気になるところです。

スッキリ快適なトイレ空間を作るなら、アイテムはバスケットや収納ボックス、紙袋などの収納グッズに入れて隠しましょう。紙袋に入れると見た目がおしゃれなだけではなく、汚れたら捨てるだけなので使い勝手がよいでしょう。

アイテムを隠して収納すると生活感は消え、トイレ空間がスッキリ見えます。

また、収納ボックスにラベルを付けると中身が一目で分かります。トイレ空間の上部に収納するときは、取っ手付きの収納グッズを選ぶと取り出しやすいですよ。

つっぱり棒を活用する

トイレは、収納できるスペースが限られています。備え付けの棚がなければなおのこと、空間を有効活用したいところです。

そこでおすすめしたいのが、つっぱり棒です。例えばつっぱり棒を2本使い、その上に板やメッシュパネルを乗せるだけで簡単に棚ができます。さらにそこにカフェカーテンを使うと目隠しになるので、生活感がでません。好みのデザインのバスケットやボックスの中に収納すれば、目隠しをしなくてもおしゃれに見えます。

棚を作る以外にも、つっぱり棒にアイテムを引っかけたり、フックを使ってバスケットをつるし、中にアイテムを収納する方法もあります。つっぱり棒を使い、空間をうまく使うと収納スペースは増え、見た目もスッキリするでしょう。

床に直接アイテムを置きたくないときも、つっぱり棒を使って棚を作るとアイテムが汚れるのを防ぎ、床掃除もしやすくなります。

100円ショップを活用する

トイレの収納をするときは、100円ショップを活用しましょう。100円ショップであれば、手軽に収納グッズをそろえることができます。トイレ専用の収納グッズは数多く販売されていますが、家庭によってはちょうどいいサイズのものや好みのデザインのものが見つからないことがあります。

100円ショップで販売されているバスケットや収納ボックス、つっぱり棒などのサイズやデザインは豊富なので、自分の家に合った収納を目指せるというメリットがあるのです。

DIYをするときも、100円ショップで材料を集めると材料費を節約できる場合もあります。

収納グッズや小物のデザイン・色を統一する

収納グッズや小物のデザイン・色を統一する

収納グッズや小物のデザイン・色は統一させましょう。どのようなテイストのトイレ空間にしたいのかを決めたら、収納グッズや小物をそれに合わせて選んでいきます。

例えば、収納グッズを白色でまとめると清潔感、木製のグッズならナチュラルで優しい印象を与えます。統一感があると、たとえ物が多くても整理整頓されて見えるのです。

観葉植物やフェイクグリーンでおしゃれにアクセント

トイレ空間に、観葉植物を置いてみてはいかがでしょうか。観葉植物を置くと、トイレ空間のアクセントになます。

観葉植物が枯れてしまうのが気になる方は、フェイクグリーンがおすすめです。フェイクグリーンは水を与える必要がなく、手軽にトイレ空間に鮮やかな緑を取り入れることができます。棚の上に置くだけではなく、アイテムと一緒にバスケットに入れたり、上からつるしてもよいでしょう。

観葉植物やフェイクグリーンの鮮やかな色合いはトイレ空間を明るく演出し、清潔感も与えるのでおすすめです。

アイテム別の収納アイディア

次に、アイテム別の収納アイディアをいくつかご紹介いたします。

トイレットペーパー

トイレットペーパーは、つっぱり棒を使ってトイレ空間の上部に収納してみてはいかがでしょうか。つっぱり棒1本だけでも、複数個収納可能です。1本だけ使う場合は、ドアの上部に設置すると、空間を有効活用できます。

つっぱり棒を使って棚を作り、バスケットや収納ボックス、ファイルボックス、紙袋などに入れて収納すると生活感が消えて見た目がキレイです。フタ付きの収納グッズを使うと、ほこりをかぶる心配がなく衛生的に収納できます。紙袋を使う場合、防水タイプを選ぶと水気に弱いトイレットペーパーも安心です。

このようにトイレ空間の上部に収納する方法は、トイレットペーパーを複数置けるので、無くなる度に別の部屋から取りに行く手間が省けます。

壁面に収納する方法もおすすめです。壁面収納をする場合は、つっぱり棒にフックとバスケットを使っていくつかつるす方法や、ペーパーホルダーを使って予備としてトイレットペーパーを収納する方法などがあります。トイレットペーパーの壁面収納は収納できる数に限りはありますが、その分スッキリ片付いて見えます。

トイレのサイドの空間を使って収納する場合は、トイレットペーパーストッカーが便利です。スリムタイプを選ぶと狭いトイレ空間でも収納しやすく、見た目もスッキリするでしょう。トイレットペーパーストッカーは、すのこやメッシュラック、焼き網などで自分好みに簡単にDIYできます。

トイレットペーパーをおしゃれに見せるコツ

トイレットペーパーをおしゃれに見せるコツ

トイレットペーパーが見えるように収納すると、多少なりとも生活感が出るのは避けられません。

ただし、ひと手間加えるだけでトイレットペーパーをおしゃれに見せることができます。おすすめは英字新聞です。トイレットペーパーに英字新聞を巻きつけるだけで、生活感が消え、おしゃれなアイテムに早変わりするでしょう。英字新聞や英字新聞デザインの包装紙は100円ショップで購入可能です。

好きなデザインの包装紙を巻くと、トイレットペーパーがおしゃれなインテリアとなります。汚れたら簡単に捨てることができるのも魅力的です。

掃除用具

掃除用具にはいくつか種類があります。スプレータイプの洗剤を収納する場合は、つっぱり棒に引っかけたり、トイレタンクの側面にフックをつけて収納する方法がおすすめです。デッドスペースをうまく使うと、掃除用具は取り出しやすく片づけやすくなります。

使い捨てブラシの場合は、中身だけをケースに入れるとスッキリと収納できるでしょう。

種類ごとに分けずに、掃除用具一式をまとめて収納ボックスに入れる方法もあります。掃除用具はセットにしておくと、取り出すときに便利です。

掃除用具は使う頻度が高いものです。キレイに収納することはもちろん、取り出しやすくすることがポイントとなります。

サニタリー用具

サニタリー用具は、バスケットや収納ボックス、プラスチックケースに入れると外から見えず、スッキリ収納できます。フタつきタイプであれば、ほこりがつかずに衛生的に保管できるでしょう。

仕切りがついたケースの場合、種類ごとに分類して収納できるので取り出すときに便利です。

賃貸でも大丈夫!DIYで簡単にタンクレス風トイレ

賃貸でも大丈夫!DIYで簡単にタンクレス風トイレ

タンクレストイレはタンクが見えないので、スッキリとおしゃれな印象を与えます。実は、DIYで簡単にタンクレス風トイレにすることができるのをご存じでしょうか。壁に穴を開けずに作れるので、賃貸でも問題ありません。

タンクレス風トイレを作るとその上に収納グッズを置いたり、小物を飾れます。タンクのサイドにアイテムを収納すると、生活感を出さずにスッキリと収納できるのもメリットです。

タンクレス風トイレ作り方

手洗い器がないトイレなら、上に板を乗せるだけでタンクが目立たなくなります。タンクのサイドの空間にアイテムを収納するとデッドスペースができません。観葉植物やお気に入りの柄の布をサイドの部分に垂らすと、収納したアイテムや配管・配線を隠すことができます。

手洗い器があるトイレタンクの場合は、その部分だけをくり抜いた板を乗せるとよいでしょう。つっぱり棒の上に板を乗せると、板が安定します。

本格的にタンクレス風トイレを目指す場合は、タンク自体を隠すように板で覆いましょう。タンクのサイドに扉付きの収納スペースを作ったり、引きだしをつけるなど、アイディアは無限大です。自分だけでのおしゃれなトイレを目指せます。

DIYをするときはタンクやトイレ、壁紙などに負荷がかかりすぎないよう注意して行いましょう。

まとめ

トイレ収納に悩む方は多くいます。トイレには収納したいアイテムが多い割に、収納スペースが限られていることが悩みの種でしょう。

トイレ収納のコツはアイテムを隠して収納すること、つっぱり棒を使い空間を無駄なく使うこと、収納グッズのデザインを統一されることなどを意識すると、スッキリと整理整頓されたトイレ空間を作ることができます。収納グッズは専用の収納グッズだけではなく、100円ショップのものを活用すると、それぞれのご家庭に合ったトイレ収納ができます。

ポイントをおさえ、スッキリ収納された快適なトイレ空間を目指しましょう。

「For your LIFE」で紹介する記事は、フマキラー株式会社または執筆業務委託先が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成しておりますが、完全性、正確性、または適時性等を保証するものではありません。