時短家事アイデア集。時短家事でゆとりのある暮らしを実現しよう!

時短家事アイデア集。時短家事でゆとりのある暮らしを実現しよう!

ロボット掃除機や食器洗い乾燥機など、家事の時短ができる便利な家電を利用している人も多いのではないでしょうか。しかし、時短家電を利用しても、家事にはそれなりの時間がかかるものです。

この記事では、時短家電に頼らない時短家事のアイデアを家事別にご紹介します。家事にかかる時間を短縮できたら、自分の時間を確保できて、もっとゆっくり過ごせるでしょう。家事に追われて自分の時間が確保できない人は、ぜひ参考にしてください。

時短家事のポイント

共働きや育児に追われる人は、少しでも家事を時短して自分の時間を作りたいものです。時短家電も役に立ちますが、どうしても自分の手でしなくてはならない家事はたくさんあります。家事を少しでも楽にする時短家事のポイントをご紹介します。

完璧を求めない

家事を完璧にこなそうと思うとキリがありません。家事を時短するためには、ムダを省いて効率よく家事をこなしましょう。まずは、しなくてすむ家事がないか見直してください。

家事の動線を短くする

家事のムダをなくすためには、動線を考えましょう。家事のために部屋を行ったり来たりするのは時間のムダですし、面倒になってしまいます。家事に必要な道具は使う場所に収納するのが時短家事のポイントです。

家族にも協力してもらう

家事が一人に集中すると負担が大きいですし、ストレスにもなります。家族に協力してもらい、家事を分担することで負担を減らしましょう。お子さんもある程度の年齢になれば家事を手伝えます。食事の前にテーブルを拭く、食べたら食器を片付けるなど、簡単なことから手伝ってもらいましょう。

時短方法【料理】

時短方法【料理】

仕事で疲れて帰ったら、料理の準備は手早くすませたいものです。料理の時短方法をご紹介します。

土日に下ごしらえや常備菜づくりを

共働きの家庭では、夫婦2人とも帰りが遅いと食事の準備が面倒になってしまうでしょう。そこで土日のうちに下ごしらえや常備菜づくりをしておいてはいかがでしょうか?

たとえば冷凍できる野菜は、下茹でしてから冷凍しておくことで、料理の時短につながります。1回分ずつ小分けして冷凍しておけば、使いたい分だけ使うことが可能です。ブロッコリーやホウレン草などは冷凍に向いていますので、下茹でしてから冷凍しておくと平日の料理が時短できるでしょう。

また、肉や魚は下味をつけて冷凍しておくことで、調理するときに切ったり味付けしたりする時間を短縮できます。料理が面倒だからお惣菜を買って帰るということも減るでしょう。忙しいときに素早く料理が完成するように、土日の空いた時間を利用して準備をしておきましょう。

また、休みの日に日持ちする常備菜を作っておけば、ウィークデイのおかずになります。飽きてきたら、アレンジすればいいので、料理の準備がずいぶん楽になるでしょう。

キッチンバサミを活用

焼肉を食べに行くと、肉を切るためにキッチンバサミが用意されていることがあります。キッチンバサミは食材をカットしやすいため、調理時にもっと活用すれば時短になるでしょう。包丁より使いやすく、まな板もいらないので洗い物も減らせます。

野菜の下ごしらえは電子レンジを活用

野菜の下ごしらえをするのは、意外と時間がかかります。鍋にお湯を沸かすだけでも時間がかかるのに、それから茹でなくてはいけないので、下ごしらえだけでかなり時間がかかるでしょう。

そこで電子レンジの活用をおすすめします。野菜を洗い、均等な厚さに切って耐熱皿に入れ、ラップをしてから電子レンジで加熱しましょう。鍋で茹でるよりもずいぶん時短になります。電子レンジを上手に活用することで、料理を手早く完成させられるでしょう。

献立アプリを利用する

毎日の献立を考えるのは、主婦にとって大変です。そこで献立アプリを利用してみてはいかがでしょうか。食材のムダがないように1週間分の献立を考えてくれて、買い物リストまで作ってくれるアプリがありますので、献立に頭を悩ませずにすみます。

時短方法【掃除】

時短方法【掃除】

忙しいと掃除はどうしても後回しになってしまいます。掃除は始めるまでがおっくうなので、できるだけ身構えずに掃除できるように工夫しましょう。

ながら掃除

掃除はたまればたまるほど、面倒になっていきます。それなら「掃除をしよう」と思わずに、ながら掃除をしてしまいましょう。テレビを見ながらカーペットのホコリを粘着クリーナーで掃除、歯を磨きながら洗面台の汚れを掃除というように、何かをしながら掃除をすませてしまえばいいのです。掃除の時間を確保するのが難しい人は、ながら掃除を試してみてはいかがでしょうか。

ついで掃除

ながら掃除と同じように、掃除の時間を確保できない人は、「ついで掃除」をしてしまいましょう。たとえばお風呂に入ったらついでに掃除をしておく、トイレを使ったついでに掃除をするなど、ついでに掃除をする習慣を作れば「掃除をしよう」と身構えなくても、いつの間にかきれいになっています。

時間を決めて毎日短時間の掃除習慣をつける

「1時間掃除しよう」と思うと始めるのがおっくうになりますが、「15分だけ」と決めることで気が楽になります。休日にまとめて掃除するよりも、毎日短時間の掃除を習慣づけるようにすれば、少ない負担で家をきれいに保てます。月曜日はキッチン、火曜日はレンジ回りというように1週間のスケジュールを考えておくのもよいでしょう。

また、寝る前の5分間や朝出かける前の5分間を掃除の時間に充てるのもおすすめです。たった5分でも意外とさまざまなことができるものです。できるだけハードルを下げることで、「掃除は面倒」と思わなくていいようにするのが掃除習慣をつけるコツといえるでしょう。

時短方法【洗濯】

時短方法【洗濯】

洗濯は洗濯機がしてくれますが、洗濯物を「干す」「たたむ」といったことは自分でしなくてはいけません。洗濯にかかる時間を短縮する方法をご紹介します。

洗濯が終わったらすぐ干す

洗濯が終わっても洗濯物を洗濯機の中に放置したままでいると、シワになりやすいです。シワになると乾燥してからアイロンをかけないといけないので、家事に時間がかかります。また洗濯物を放置していると、雑菌が繁殖したり、ニオイの原因になったりするので、デメリットばかりです。洗濯が終わったらすぐに干すことが家事の時短につながります。

たたむ時間を短縮するハンガー収納

乾いた洗濯物をたたむのは、わりと時間がかかります。毎日のことなので、洗濯物をたたむ時間を短縮できたら、夜は少しでもゆっくりできるでしょう。そこでおすすめなのが、ハンガー収納です。下着や靴下などの小物以外は、ハンガーにかけたままクローゼットに収納しましょう。たたむ手間を短縮できるだけでなく、シワもつきません。

バスタオルの使用をやめる

家族の枚数のバスタオルを毎日洗うのは大変です。バスタオルを使わずにフェイスタオルで体を拭くようにすると、洗濯物の量がずいぶん減ります。洗濯の回数を減らせるかもしれません。

すすぎ1回ですむ洗剤を選ぶ

洗濯の時間を短縮するために、すすぎ1回ですむ洗剤を選びましょう。洗濯が短時間ですめば、時間のない朝でも洗濯しやすくなります。

時短方法【収納・片づけ】

何も考えずに物を片付けると、後で探し物に時間を取られてしまいます。家事の時短のために、収納を工夫しましょう。

使う場所の近くに収納

使いたいときにすぐ取り出せるよう、何でも使う場所の近くに収納しましょう。たとえばキッチンで使うものはシンクの下に収納するなど、動線を短くすることで家事の時短につながります。

グルーピング収納

一緒に使うものをまとめて収納することをグルーピング収納といいます。グルーピング収納をすれば、いつも探し物に時間がかかっている人も家事の時短ができるでしょう。たとえば診察券と保険証、母子手帳、お薬手帳をひとまとめにしておけば、病院に行きたいときに必要な持ち物がすぐ揃います。

探し物に時間を取られるのはもったいないので、グルーピング収納で必要なときにすぐ用意できるようにしておきましょう。

収納場所を決めてラベリングする

何をどこに収納するか、場所を決めてラベリングしておきましょう。自分だけではなく、家族もどこに何があるかわかりますので、探し物がなくなります。ラベリングをしておけば、物を使った後に正しい場所に戻す習慣がつくでしょう。

時短方法【買い物】

時短方法【買い物】

買い物に時間がかかってしまっている人も多いのではないでしょうか?できるだけ効率よく買い物をするための方法をご紹介します。

1週間の献立を考えてから買い物に行く

毎日スーパーに買い物に行っていたら、時間もお金もかかります。計画性のない買い物は、食材をムダにしてしまうこともあるでしょう。

そこでまずは1週間の献立を考えてから買い物に行きましょう。これで買い物の頻度を減らせるので、家事の時短につながります。あらかじめ献立を考えておくことで、食材をきちんと使いきることもできるでしょう。

ネットスーパーを利用する

ネットスーパーが利用できるなら、買い物に行く時間を短縮できます。配達してほしい商品を注文すれば、希望した配達時間帯に自宅まで届けてもらえるので便利です。重いものも配達してもらえるので、買い物がとても楽になるでしょう。

日用品・消耗品は定期購入を

トイレットペーパーやティッシュペーパー、洗剤などの日用品や消耗品は毎日使うので、定期購入を申し込んではいかがでしょうか?

ネット通販の中には、希望した頻度で定期購入できるものもあります。これなら買いに行く手間だけでなく、注文の手間も省けて買い忘れの心配もありません。定期購入にすることで価格が割安になることもありますので、検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

当たり前と思っていた家事の中にはムダがあるかもしれません。しなくてもいい家事がないか見直してみることで、家事の時短ができるでしょう。

また、忙しくて部屋を片付けるヒマがなければ、必要なものが見つからず、探し物に追われてしまいます。物をグルーピングして定位置を決めておくことで、探し物にかかる時間を短縮できるでしょう。収納方法を見直して、家族の誰もが必要なものをすぐ見つけられるようにしておいてはいかがでしょうか。

家事の時短だけでなく、探し物がなくなるように収納方法を整えることで、時間に余裕ができるでしょう。

「For your LIFE」で紹介する記事は、フマキラー株式会社または執筆業務委託先が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成しておりますが、完全性、正確性、または適時性等を保証するものではありません。