【花粉症対策】目のセルフケア – 目のかゆみや腫れなど

【花粉症対策】目のセルフケア - 目のかゆみや腫れなど

日本では主に2月~5月にかけて花粉症のピークを迎えます。この時期は右を見ても、左を見ても花粉症の辛い症状で悩まされている方ばかりということもあります。そして花粉症の代表的な症状の一つといえば目のかゆみや流涙などです。

毎年花粉症に悩まされている方の中からは、目の辛い症状で仕事や日常生活にも悪影響を及ぼしているという声もあります。そこで今回は花粉症による目のかゆみや腫れなどを緩和する方法を解説します。

花粉による目の辛い症状は「季節性アレルギー結膜炎」

花粉による目の辛い症状は「季節性アレルギー結膜炎」

花粉によって引き起こされる目のかゆみなどの症状ですが、これは「季節性アレルギー結膜炎」といって結膜に炎症を起こすれっきとした病気です。この結膜炎は目の表面に花粉などのアレルゲンが付着することで引き起こされます。

季節性アレルギー結膜炎は花粉などが原因の特定の季節にのみ症状が現れるため「季節性」と名付けられています(ハウスダストなど年間を通して症状を発するものは「通年性アレルギー結膜炎」といいます)。季節性アレルギー結膜炎では主に以下のような症状が目立つようになります。

  • 目のかゆみ
  • 目の充血
  • 目やにが出る
  • 涙が出る
  • まぶたの裏にぶつぶつができる

上の症状を見てもわかるように花粉症でよく見られる症状とぴったり一致します。前述のように日本では主に2月~5月頃に全国的にピークを迎えるスギ、ヒノキが原因となって季節性アレルギー結膜炎を発症します。

眼科学の進歩発展を図ることを目的に設立された公益財団法人 日本眼科学会によるとアレルギー性結膜炎で悩まされている方は推定で2,000万人いるとされており、そのうちの約85%は花粉が原因といわれています。つまり、アレルギー性結膜炎の発症を防ぐには適切な花粉対策を行うことが非常に大切ということです。

花粉による辛い症状が目に現れやすい理由

花粉による辛い症状が目に現れやすい理由

多くの人は花粉症を発症すると目に辛い症状が現れることが多いです。花粉によって目に辛い症状が現れやすい理由は複数あると考えられています。まず第一に結膜が直接外界に接しているため、花粉が侵入しやすいことです。

結膜とは白目の部分のことです。この箇所は常に裸の状態であるため、外からのホコリや花粉をブロックすることが非常に難しいです。そのため、花粉のピーク時には結膜に花粉が付着しやすく、炎症を引き起こすことになります。

また結膜にはアレルギーの反応を引き起こす免疫細胞や血管もたくさんあります。血管が密集しているということはそれだけ体のほうから炎症を起こす細胞が入り込みやすいということです。前述のように花粉症を発症すると目の充血といった症状も見られますが、これも結膜に多く存在する血管が拡張することが原因になっています。

花粉による目の辛さを軽減したい!セルフケア方法を解説

花粉による目の辛さを軽減したい!セルフケア方法を解説

基本的に目は他の箇所と比較すると外からの異物の侵入を許しやすいです。したがって花粉シーズンでは適切な対策を施しておく必要があります。ここでは花粉から目を守るセルフケア方法をいくつかご紹介します。

目を洗う

目に付着した花粉を落とすにはやはり目を洗うのが効果的です。しかし、目を洗う時にはいくつかの注意点があります。まず1点目はなるべく水道水で洗わないことです。

目の表面は涙で覆われており、この涙が目を保護する役割を担っています。涙と水道水の成分は異なるため、水道水で目を洗うと目の細胞を傷つけてしまう可能性が高くなります。また涙の成分も洗い流してしまうことも悪影響を及ぼす原因となります。

2点目は市販の防腐剤入りの洗眼液も極力避けたほうがよいこと。市販の洗眼液には防腐剤が含まれていることが多いです。これらの添加物はやはり無添加のものと比較すると少なからず目に負担がかかるため、できることなら使用は避けたいというのが本音です。

そのため、花粉対策で目を洗う時は防腐剤が含まれていないタイプの人工涙液などを使うことをおすすめします。人工涙液は涙と似たような成分でもあるため、目に付着した花粉を洗い流すのと同時に目の保護にも大きく役に立ちます。

目を休める習慣をつける

前述のように花粉症シーズンの目は炎症を起こしている状態です。したがって目にあまり大きな負担をかけさせないことも重要です。特に仕事などで日常的にパソコンを使っている方は目が疲れやすい傾向にあります。

そのため、1時間作業をしたら10分~15分ほどの休憩を取るようにするなどの工夫を施してみましょう。また睡眠不足も目の疲労回復を遅らせてしまう原因になるため、できるだけ毎日6時間半~7時間半の睡眠をとることも大切です。質の良い睡眠は目だけではなく、免疫力やホルモンバランスも安定するため、花粉症対策を行う上では非常に効果的です。

食生活では納豆や味噌などの発酵食品、ビタミンAやビタミンCを豊富に含む野菜、果物、免疫機能の正常化が期待できる青魚などを意識的に摂取することでアレルギー症状の緩和に効果があるとされています。

目がかゆい時は冷たいタオルを使用する

花粉症を発症するととにかく目がかゆくて辛いという方は非常に多いです。しかし、ここで大事なのは目がかゆいからといってかかないことです。手で目をかいたり、こすったりすると炎症が余計に悪化してしまう恐れがあります。

そのため目のかゆみがどうしても耐えられない時は冷たいタオルを目(まぶた)に乗せてください。外出先でタオルがない場合はハンカチなどでも構いません。

冷水に浸したタオルやハンカチを目に乗せるだけで異常なかゆみの緩和につながるので、誰でも手軽に行えるセルフケア方法といえます。ただし当たり前のことですがタオルやハンカチは清潔なものを使用するようにしましょう。汚れや菌が付着したものを使うと目に余計な負担をかけてしまい、炎症の悪化を招く可能性もあります。

コンタクトレンズではなくメガネを着用する

前述のように目を保護する役割を担っているのは涙です。この涙には洗浄作用があるため、花粉やホコリなどが入っても洗い流すことが可能です。ところがコンタクトレンズを装用するとこの機能が正常に働かないこともあるため、洗浄効果も低下します。

この影響で花粉が目に入ったままになってしまうため、症状悪化を招くことになります。したがって普段からコンタクトレンズを装用している方は花粉症の時期だけでも構わないのでメガネを着用することを推奨します。

特に外出時には風によって花粉が目に入りやすいです。メガネの着用はこのようなシーンにおいて特に大活躍してくれます。近年は花粉症対策専用のメガネ、ゴーグルも注目を集めています。

これらの専用メガネであればかなりの確率で花粉をブロックすることが可能です。また普通のメガネでも無着用時と比較すると大きな効果が見込めます。これは厚生労働省からも発表されていることですが、普通のメガネの着用でも目に入る花粉の量を半分以下に抑えることが可能です。

またメガネはドライアイ対策にもなるため、一石二鳥のセルフケア方法といえるでしょう。もちろんこの方法はダテメガネでも効果が期待できるため、視力に問題のない人も積極的に試してみましょう。

コンタクトレンズは「1日使い捨てタイプ」を使用する

コンタクトレンズは「1日使い捨てタイプ」を使用する

花粉を目に入りにくくするのにメガネは非常に有効ですが、中には「メガネの着用だけは嫌だな」という方もいるでしょう。そのような方は使用するコンタクトレンズを「1日使い捨てタイプ」に切り替えてみてください。

アレルギー性結膜炎の症状が出ている時は目からの分泌物が増えており、この影響でレンズが曇りやすくなっています。またレンズに一度付着した花粉は簡単には落とせません。

それどころか、こすり洗いをすることでレンズに花粉をすり込ませてしまう可能性もあります。このように花粉が付着したコンタクトレンズを連続で装用するのは目に大きな負担をかけることになります。

しかし「1日使い捨てタイプ」のコンタクトレンズであれば、毎日花粉が付着していない清潔なものを使用することができるため、花粉との接触機会を減らすことが可能です。ただし中にはこのタイプのコンタクトレンズに違和感を覚えるという方もいます。このような場合はケアが必要なコンタクトレンズを使用することになります。

仮にケアが必要なコンタクトレンズを花粉シーズンに装用する時は、レンズをすすぎ洗いし、花粉を落としてください。その後、こすり洗いで花粉以外の汚れ(皮脂やタンパク質)を洗い流すようにしましょう。これらの工夫を施すことで多少なりとも花粉との接触を減らすことができます。

空気清浄機や加湿器を使用する

近年はPM2.5などの問題も大きく取り上げられていますが、実はこれらの有害物質はアレルギー症状を悪化させてしまうことがわかっています。したがって花粉と同時にPM2.5などの有害物質対策を行うことで、目の辛い症状を緩和できる可能性があります。

花粉対策及び有害物質対策を同時に行うのであれば空気清浄機の活用がおすすめです。空気清浄機は室内に入り込んでしまった花粉やPM2.5を吸い込んでくれるため、アレルギー症状を悪化させる物質を効率的に減らすことができます。

また乾燥しやすい季節に大活躍する加湿器も花粉症対策には役立ちます。加湿器が花粉対策に効果的な理由としては室内に舞っている花粉を床に落とすことができるためです。花粉の浮遊レベルが高いほど目や鼻から花粉は侵入しやすくなります。しかし、加湿器を使用することで空気中を浮遊している花粉は水分の重みで床に落ちます。

これにより花粉が体内へ侵入するのを防ぐ効果が期待できます。最近は空気清浄機に加湿機能が備えられているものも多いです。そのため、別々で用意するのが難しいという方などは加湿機能付きの空気清浄機を1台購入するのもよいでしょう。

目などを守る花粉対策グッズの携帯も忘れずに

前述のように花粉から目を守るセルフケア方法は複数あります。そしてこの簡単にできるセルフケアと併用して行っておきたいのが花粉対策グッズの携帯です。「アレルシャット ウイルス 花粉 イオンでブロック」は陽イオンポリマー(プラスイオン)が顔全体をコートし、花粉やウイルスの侵入を防ぎます。

アルコールフリーで小さな子どもも使用することができたり、ヒアルロン酸Naも配合しているため、お肌の負担を気にする女性でも問題なく使うことができます。こちらの花粉対策グッズと同時に上で取り上げたセルフケア方法を取り入れると、より大きな効果を見込むことができます。徹底した対策で花粉シーズンに訪れる目の辛い症状を緩和させましょう。

目は花粉の影響を受けやすい部位ということを常に意識しておこう

今回は花粉症の季節になると発症する目のかゆみなどの基本情報やセルフケア方法を解説してきました。目というのは鼻とともに非常に花粉の影響を受けやすい部位です。したがって花粉症のシーズンには特に気合いを入れた対策が必要となります。

もちろん十分に対策をしたからといって100%花粉の侵入をブロックできるわけではありません。しかし、メガネの着用や目の負担を軽くするケアを実施することで辛い症状を緩和することは可能です。毎年花粉による目のかゆみなどで悩まされている方は、ぜひ参考にしてください。

「For your LIFE」で紹介する記事は、フマキラー株式会社または執筆業務委託先が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成しておりますが、完全性、正確性、または適時性等を保証するものではありません。