花粉症のメカニズムと発症の原因について解説

花粉症のメカニズムと発症の原因について解説

「今年も花粉症の季節がきたから憂鬱」という方は多いと思います。この花粉症ですが「体質だから」という理由で改善を諦めたりしていないでしょうか?花粉症は100%改善するのは難しいとされていますが、適切な対処を施すことで症状を和らげることはできます。

しかし、症状緩和にはまず花粉症のメカニズムなどを知っておかなければいけません。そこで今回は多くの人が悩まされる花粉症のメカニズムや発症の原因などをまとめましたので徹底解説します。

花粉症のメカニズムを解説

花粉症のメカニズムを解説

まずは花粉症のメカニズムについて迫ってみましょう。花粉症は体内で複数の過程を経て発症に至ります。ここでは花粉症のメカニズムを順番に解説します。

花粉症のメカニズム①~花粉が目や鼻から侵入する~

花粉症発症のメカニズムはまず花粉という異物(アレルゲン)が目や鼻から侵入することから始まります。目や鼻から花粉が侵入すると体内ではまずその物質を受け入れるか否かを考えます。

つまり簡単に説明すると「この物質は敵なのか?味方なのか?」の判断を下すということですね。この物質の敵、味方を判断するのは体内に備えられている免疫システムとなります。

花粉症のメカニズム②~体内でIgE抗体が作られる~

免疫システムが花粉(アレルゲン)を「敵」と判断すると体内ではこれと反応する物質を作る仕組みを持っています。一般的には花粉が異物と判断されると、まずヘルパーT細胞(Th2)が量産されます。

そしてこのヘルパーT細胞が分泌するインターロイキンという物質がB細胞に伝わるとB細胞はアレルゲン(異物)に対抗するためにIgE抗体を大量に作り始めます。

花粉症のメカニズム③~花粉が再び体内に侵入する~

アレルゲン(花粉)により体内には大量のIgE抗体が蓄積して、肥満細胞という名の細胞とくっつきます。この状態で再度花粉が体内に侵入すると、鼻や目の粘膜にある肥満細胞の表面のIgE抗体と結合するようになります。

花粉症の原因となる花粉との接触を何度か繰り返すうちに、体内にIgE抗体が蓄積されていく仕組みになっています。このIgE抗体の蓄積が花粉症発症の大事なポイントとなります。

花粉症のメカニズム④~肥満細胞から化学物質が分泌される~

新たに侵入してきたアレルゲン(花粉)の影響で体内では大量のIgE抗体が蓄積され、肥満細胞との結合を繰り返していきます。そしてこのIgE抗体の蓄積がある一定の量に達すると肥満細胞からはヒスタミンやロイコトリエンといった化学物質が放出されるようになります。

ヒスタミンはヒスタミン受容体と結合し、鼻の付近を通る三叉神経や分泌中枢を刺激します。これにより花粉症特有の症状であるくしゃみや鼻水を引き起こすようになります。またロイコトリエンは粘膜の血管を拡張させる作用があります。

【血管が拡張する=粘膜が腫れる】ということですから、鼻づまりの症状を引き起こす原因にもなります。花粉症の原因は確かに「花粉」ですが、くしゃみや鼻水、鼻詰まりといった症状を引き起こすのは肥満細胞から放出された化学物質ということになります。

ちなみに花粉症治療で医療機関に通われた方は「抗ヒスタミン薬」や「抗ロイコトリエン薬」といった薬を処方されたことはありませんでしょうか?これらの薬はくしゃみ、鼻水、鼻詰まりを引き起こすヒスタミンやロイコトリエンの働きを抑制する効果が期待できるため、現在は花粉症治療の主流として使用されています。

IgE抗体が作られやすい体質=アレルギー体質

花粉症を発症しやすい方からは「アレルギー体質なので」という言葉もよく聞かれます。しかし、このアレルギー体質とそうでない方の違いはどこにあるのでしょうか?この疑問についてですが「IgE抗体の作られやすさ」が関係しています。

前述のように花粉症というのは体内のIgE抗体が一定量に達した時に発症します。このIgE抗体ですが全ての人が同じように作られるわけではなく「作られやすい体質」が決まっています。

つまり同じ量の花粉が侵入してきてもIgE抗体が大量に作られる方もいれば、少量しか産生しない方もいるということです。これが花粉症を発症しやすい人とそうでない人との違いです。

つまり【花粉症に悩まされやすい人=IgE抗体が作られやすい】ということになり、このIgE抗体が作られやすい体質のことをアレルギー体質と呼びます。

花粉症を発症する原因とは?

花粉症を発症する原因とは?

ここからは花粉症を発症する主な原因を取り上げます。花粉症の発症は実は意外なことも関係しています。

花粉

花粉が花粉症の原因になるのは誰もがご存じだと思います。一口に花粉といっても日本ではスギやヒノキなど春先に悩まされるものから、ブタクサ、ヨモギといった秋の花粉までさまざまな種類の花粉があります。

厚生労働省の発表では日本ではこれまでに約50種類以上の原因花粉が報告されているとのことです。

腸内環境の乱れ

花粉症を発症する理由を一言で表現するなら「過剰な免疫反応」です。本来花粉は体に害のないものですが、免疫システムが過剰な反応を起こすため、花粉症を引き起こすことになります。

そしてこの過剰な免疫反応が起きる理由ですが多くの専門家は腸内環境の乱れが一つの原因になっていると言います。実は人間の免疫細胞の約6割は腸内に存在しています。そしてこの免疫機能は腸内環境の乱れと同時に本来の働きが失われやすくなります。

腸内環境の乱れとは具体的に挙げるなら腸内細菌のバランスが崩れることなどを指します。私たち人間の腸内には主に乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌、ウェルシュ菌やブドウ球菌などに代表される悪玉菌、そして日和見菌(ひよりみきん)の3種類の細菌が住み着いています。

この中で異物に反応してできる抗体の産生を調節するTh1細胞とTh2細胞のバランスを保つ役割を担っているのが善玉菌です。そのため、腸内環境が良好であればIgE抗体が大量に作られることを防ぐことが可能です。

ところが腸内環境の乱れにより、善玉菌が減少するとこれらのバランスも崩れやすくなります。その結果として体内で異常な量の抗体が産生されることとなります。腸内環境が乱れる原因はさまざまですが、主に生活習慣の乱れや偏った栄養バランスの食事メニューなどが影響しています。

免疫力の低下

先ほども取り上げたように花粉は本来無害であるため、正常な免疫機能であれば「有害物質」と判断することはありません。ところが免疫機能に異常をきたすとヘルパーT細胞が花粉を「敵」と判断し、周囲の免疫細胞に「敵を排除するから増殖しろ」と働きかけます。

この免疫機能の過剰反応を引き起こす原因の一つに免疫力の低下があります。免疫力が低下するとヘルパーT細胞も正常な働きができなくなるため、体に無害のはずの花粉を異物と判断し、大量のIgE抗体を産生させてしまうのです。免疫力の低下を招く原因もさまざまですが、主に睡眠不足や生活習慣の乱れが影響しています。

花粉症の発症リスクを低下させるためにできる対策

花粉症の発症リスクを低下させるためにできる対策

花粉症のメカニズム及び発症の原因を解説しました。これらを踏まえた上で花粉症の発症を極力抑えるための対策や予防法をご紹介します。

生活習慣の改善

睡眠不足などが日常的に続くと自律神経の乱れを招くことになります。自律神経の乱れは同時に免疫力の低下を起こすため、結果的に免疫機能に異常をきたし、花粉症を発症しやすくなります。

自律神経と免疫力はお互いに影響しあいながら私たち人間の体を守っています。そのため【生活習慣の乱れで自律神経が乱れる=免疫力の低下】ということになるので規則正しい生活習慣を心がけることは非常に大切です。

普段の仕事などが忙しく、なかなか満足な睡眠をとれないという方も休日を使って日々の睡眠不足を解消しておくようにしましょう。また、既に花粉症を発症している方の中には「鼻づまりが苦しくて眠れない」という方もいます。

このような場合は一度医療機関で診察、治療を受け、鼻づまりを和らげる薬を処方してもらうのもおすすめです。

生活習慣の乱れは何も睡眠不足だけではありません。日常的にタバコを吸う方も注意が必要です。タバコの煙の中に含まれる化学物質は鼻の粘膜を刺激するため、花粉症の辛い症状の悪化を招きます。

自身が吸わなくても受動喫煙も極力避けることが大切です。またアレルギー性鼻炎を持っている方はお酒も極力控えるのが好ましいです。お酒の中に含まれるアルコールは鼻の粘膜に充血やうっ血を起こしやすく、鼻づまりなどの症状悪化を招く原因となります。

これらのタバコ、お酒は長年親しんできた方にとってはスッパリやめることは難しいかもしれません。そのため、最初は「花粉症のピーク時期だけ控える」「1年、2年かけて少しずつ減らしていく」といった自分なりのルールを設けるのもよいでしょう。

毎日の食生活の改善

毎日の食生活の改善

近年、花粉症も含めたアレルギー体質の方は増加傾向にあります。この理由の一つに食事メニューの欧米化が関係しているといわれています。昔の日本では米や野菜などの炭水化物、食物繊維が中心の食事メニューが一般的でした。

しかし、現在は米の消費が減り、肉類や油類を多用した「食の欧米化」が主流になっています。このような「高たんぱく」「高脂質」の食事は体内の免疫を刺激しやすいのが特徴です。

免疫が刺激されるということは免疫機能が過剰な反応を起こすということです。この結果として体に無害なはずの花粉の侵入も許さない体質になってしまいます。これらの弊害を回避するためにはやはり根本的な食生活の改善が必要となります。

具体的には免疫機能を正常に保つ効果が期待できる食事メニューを意識することが大切です。一般的に免疫力を正常に保つのに効果があるとされている食材は「発酵食品」です。身近な食材では味噌や納豆などが該当しますね。

この他にもきのこ類やいも類も免疫機能を正常に保つには有効です。またリンゴやアボガドといった食材にはアレルギー抑制作用があります。これらの花粉症対策に役立つ食材を使ったメニューを毎日摂取するように心がけてみましょう。

ただし、花粉症対策に役立つからといって特定の食材ばかり摂取するのは好ましくありません。私たち人間が健康な体を維持するには五大栄養素と呼ばれる「タンパク質」「脂質」「炭水化物」「ビタミン」「ミネラル」をバランスよく摂取する必要があります。

どれか一つでも欠けると体に悪影響を及ぼします。そのため、最初は慣れるまで大変ですが栄養バランスが整った食事メニューを意識しつつ、花粉症対策にも役立つ食生活を送るようにしましょう。

花粉症対策に役立つアイテムの活用

花粉症対策に役立つアイテムの活用と聞くと難しく感じるかもしれません。しかし、花粉症対策では身近なアイテムでも十分に役立ちます。身近なアイテムとは具体的に挙げるなら「メガネ」「マスク」「帽子」「マフラー」などが該当します。

これらのアイテムは体に直接花粉が付着するのを防ぐことができます。また、冬から春先にかけてはまだ肌寒い時期でもあるため、コートなどを着用することもあるでしょう。このコート類も静電気を帯びやすいウール(毛)素材のものではなく、ナイロンやポリエステルといったスベスベの素材のものを着用するのがおすすめです(例:ダウンジャケットなど)。

もちろん外出先から帰宅した際は玄関先でブラシなどを使用して付着した花粉を払い落とすことが大切です。また、これらの基本的な対策に加えて花粉の吸入を効率的にブロックするグッズを携帯しておくのもよいでしょう。

「アレルシャット 花粉 鼻でブロック」はクリームを鼻腔に塗るだけでフィルター効果が働き、花粉やハウスダストの吸入を防ぎます。ちなみに「アレルシャット 花粉 鼻でブロック」は着色料、保存料を一切使用していません。

花粉症のメカニズムや発症の原因を知ることは花粉症対策では大事

花粉症対策を施す上で花粉症のメカニズムや発症の原因、理由を知ることはとても大切です。なぜならこれらの情報を知らないと適切な対策を施すのが難しいためです。「花粉症の辛い症状が治まらないけどどうすればいいの?」という経験をされた方は多いと思います。

この時にメカニズムや原因を知っていれば「睡眠不足が原因だからしっかり寝よう」「食生活の乱れが影響しているから食事メニューを改善しよう」といったように適切な対策を施すことができます。

また花粉症は悪化するとセルフケアだけでは改善するのが難しくなります。このような時は速やかに医療機関で診察、治療を受けるようにしましょう。現在、花粉症で悩まされている方やアレルギー性鼻炎をお持ちの方はぜひ参考にしてください。

「For your LIFE」で紹介する記事は、フマキラー株式会社または執筆業務委託先が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成しておりますが、完全性、正確性、または適時性等を保証するものではありません。