【花粉症対策】鼻のセルフケア – 鼻水・鼻づまりなど

【花粉症対策】鼻のセルフケア - 鼻水・鼻づまりなど

花粉が体内に侵入するとさまざまなアレルギー症状が現れるようになります。特に花粉症で多い悩みといえば鼻です。鼻は花粉症による症状が出やすい部位でもあるため、花粉シーズンには徹底した緩和対策を施す必要があります。

しかし、具体的な対策法がわからずに毎年辛い症状を無対策で乗り切っている方も多いのではないでしょうか?そこで今回は鼻の辛い症状を和らげるセルフケア方法などをまとめましたのでご覧ください。

花粉による鼻の三大症状の特徴

花粉による鼻の三大症状の特徴

花粉による鼻の辛い症状は風邪の症状と似ているため、判断に困るという方が多くいます。そこでまずは花粉によって引き起こされる鼻の三大症状の特徴を見てみましょう。

くしゃみ

くしゃみは花粉症を発症するとほとんどの人が経験します。花粉症がくしゃみを引き起こす理由は鼻の粘膜に付着した花粉を体が追い出そうとするためです。そして花粉症のくしゃみの特徴ですが、一度くしゃみをすると連続で起こるなど、とにかくくしゃみの回数が多くなります。

もちろん風邪をひいた時もくしゃみを伴いますが、花粉症のくしゃみと違って連続して起きることはありません(もちろん症状の程度などによります)。したがって花粉症の時期に連続したくしゃみが続く場合は、それは風邪ではなく花粉症の可能性が高いといえるでしょう。

鼻水

鼻水もくしゃみと同様に鼻の粘膜に付着した花粉を除去しようと働きかけることで生じるものです。花粉症による鼻水は風邪の時の鼻水と大きな違いがあるため、容易に判断することができます。

まず風邪をひいた時は黄色がかった粘り気の鼻水が出てくることが多いです。この鼻水には風邪の原因でもあるウイルスやそのウイルスと戦った白血球の死骸が含まれているため、色が付いたり粘り気を伴っています。

対して花粉症による鼻水は無色で粘り気がないサラサラとした鼻水が出てきます。この鼻水には風邪の時のようなウイルスや白血球の死骸が含まれていません。そのため、このような無色でサラサラとした鼻水となります。

花粉シーズンに花粉症か風邪かが判断できない時は、この鼻水を参考にするとよいでしょう。

鼻づまり

鼻づまりは鼻の中の粘膜が腫れて空気の通り道が狭くなることで引き起こされます。一般的に鼻から入った空気は、のどへと流れていきます。ところが花粉などのアレルゲンの影響で鼻の中の表面粘膜が腫れると空気が通るスペースが狭くなるため、鼻づまりとなってしまいます。

花粉シーズンの鼻づまりに悩まされる方も非常に多く、通常時と比べて呼吸もしにくいため、日常生活の睡眠などに悪影響を及ぼすこともあります。花粉による鼻づまりはくしゃみ、鼻水と比べて風邪か花粉症かを判別するのは難しいです。

したがって花粉シーズンに鼻づまりの症状が現れたら、同時に生じることが多いくしゃみや鼻水で判断することを推奨します。もちろん自身で判別が困難な場合は医療機関で診察を受けることが大切です。

鼻の辛い症状を緩和するセルフケア方法を徹底解説

鼻の辛い症状を緩和するセルフケア方法を徹底解説

花粉シーズンに伴う鼻の三大症状の特徴を把握したら、今度は鼻の辛い症状を緩和する対策法を覚えていきましょう。花粉シーズンは最大限の対策を施しても、隙を突いて体内に花粉が侵入してきます。したがって複数のセルフケア方法を用いながら、鼻を守っていきましょう。

鼻を洗う

鼻の中に付着した花粉を効率的に取り除くなら、やはり直接鼻の中を洗うことにつきます。ただし鼻洗浄をする時の注意点としては真水を使用しないことです。真水を使用して鼻を洗うと鼻や耳の奥にツーンとした痛みを覚えてしまうためです。

これは水と体液の浸透圧の差からくる痛みとなります。このような理由から花粉対策で鼻洗浄をする時は体液に近い塩分濃度(0.9%)の食塩水(生理食塩水)を使うようにしましょう。

また現在は鼻洗浄、鼻うがい専用の洗浄液もドラッグストアで購入することができます。

鼻うがい、鼻洗浄のやり方ですが、洗面器を使う場合は指で片方の鼻の穴を押さえます。そしてもう一方の鼻の穴から液を吸い込み、吸ったほうの穴から液を出すようにします。

逆の鼻も同じ要領で行うようにします。これをそれぞれ3回~5回ほど行うことで効率的に鼻の中に付着した花粉を取り除くことができます。なお、正しい方法で鼻を洗った後は爽快感に包まれますが、鼻洗浄を行う回数は1日1回を目安にしておきましょう。

理由としては鼻の中の粘膜は非常にデリケートなため、洗浄をしすぎるとかえって粘膜を傷つけてしまう可能性があるからです。また正しい方法で鼻洗浄、鼻うがいを行っても痛みや違和感を覚える方もいます。このような時は速やかに耳鼻科などで診察を受けるようにしましょう。

マスクをする

マスクの着用は花粉対策を行う上では基本中の基本です。マスクは口や鼻をガードすることができるので、体内への花粉侵入を防ぐことができます。ちなみに花粉シーズンにマスクを着用することで体内に取り込まれる花粉の量を約1/3に減らすことができるといわれています。

また現在は花粉症用のマスクもありますが、さらに効果が大きく、約1/6にまで花粉の量を減らすことが可能です。花粉対策で着用するマスクですが、一般的なマスクでも大きな効果を見込むことができます。

しかし、注意点としてはマスクのサイズだけは自身に合ったものを選ぶようにしましょう。理由としてはサイズが合わないマスクを着用することで、マスクと鼻の間に隙間ができてしまうためです。花粉はこのようなわずかな隙間を突いて体内へ侵入してくるため、サイズ違いのマスクは効果が半減してしまいます。

鼻やあごの両脇に隙間ができないように自身に合ったサイズのマスクを選ぶことが大事なポイントです。マスクのサイズの測り方ですが元厚生労働省所管の一般社団法人 日本衛生材料工業連合会によりますと以下の測り方が推奨されています。

  1. 親指と人差し指でL字形を作る
  2. L字形にした状態で、耳の付け根の一番高いところに親指の先端を当て、鼻の付け根から1㎝下のところに人差し指の先端を当てる
  3. 親指から人差し指までの長さを測れば、それがサイズの目安となる
長さ 推奨サイズ
9㎝~11㎝ 子ども用サイズ
10.5㎝~12.5㎝ 小さめサイズ
12㎝~14.5㎝ ふつうサイズ
14㎝以上 大きめサイズ

【参考サイト】一般社団法人 日本衛生材料工業連合会「マスク」

食生活を改善する

食生活の改善は鼻だけではなく、花粉症対策全般においても大きな効果を見込むことができます。花粉症対策においての食生活のポイントは以下のとおりです。

  • 正常な免疫機能を維持する
  • 腸内環境を整える
  • 鼻の粘膜を保護する
  • ヒスタミンの分泌量の調整
  • 体が温まる食材を摂取する

花粉症でお悩みの方はこれらのポイントを意識した食事メニューを取り入れるようにしましょう。花粉症というのは一般的に免疫機能が誤って過剰に反応することで引き起こされます。

そのためビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群といった栄養素を摂取し、正常な免疫機能を維持することが大切です。また免疫細胞の多くは腸に集まっています。そのため、腸内環境を良好に保つことも花粉症対策として必要です。

ヨーグルト、納豆などの発酵食品、さつまいも、バナナといった食物繊維が豊富に含まれている食材を摂取するようにしましょう。ちなみに納豆などのネバネバした食材には粘膜成分の1種であるムチンと呼ばれる物質が含まれているため、鼻の粘膜保護にも効果があるとされています。

また花粉症は免疫機能の反応により体内に侵入した花粉を排除しようとして、ヒスタミンが過剰に分泌されることで引き起こされます。したがってこのヒスタミンの抑制に効果がある食材を摂取することも大切です。

ヒスタミンの分泌抑制に効果があるのはポリフェノールです。生姜、シソ、甜茶(てんちゃ)といったポリフェノールを豊富に含む食べ物、飲み物も普段の食生活に取り入れてみましょう。体の冷えも自律神経を乱してしまうため、免疫機能が正常に働かなくなります。発酵食品や豆類、海藻類を摂取して体を温めることが大事です。

鼻は強くかまない

鼻は強くかまない

鼻をかむことは鼻の中に入ってしまった花粉を取り除くには効果的です。しかし、強くかんでしまうと鼻の奥の粘膜を傷つけてしまう恐れがあります。この影響により、酷い時には鼻血を伴うこともあるので注意しておきましょう。

鼻をかむ時に意識しておきたい主なポイントは以下のとおりです。

  • 反対側の鼻を押さえて片方ずつかむ (両方いっしょにかまない)
  • 鼻水を効率的に外に出すために口からしっかり息を吸う
  • 少しずつゆっくりとかむ

以上の最低限のポイントを押さえておけば、鼻の粘膜に大きな負担をかけることなく、花粉を効率的に取り除くことができるでしょう。

空気清浄機と加湿器の使用

外出先で付着した花粉はどんなに注意していても、室内に持ち込んでしまう可能性が高いです。したがって花粉シーズンには花粉除去機能が付いた空気清浄機を活用するようにしましょう。

また室内の空気が乾燥しているとどうしても花粉は浮遊し、鼻や目から侵入しやすくなります。そのため、加湿器を使用して湿度を50%前後に保っておくことを推奨します。

鼻呼吸はアレルギー体質の改善に効果的

鼻呼吸はアレルギー体質の改善に効果的

私たち人間は呼吸のほとんどを鼻で行うようにできています。ところが中には口呼吸が中心になっている方もいます。口というのは鼻と違って異物を取り除く粘膜や線毛がありません。

そのため、空気中の細菌、ウイルス、花粉を除去できないまま喉に直撃して、細胞に炎症を起こすことになります。この炎症が目や鼻に現れたものが花粉症です。対して鼻の場合は鼻孔にある粘膜や線毛が異物をしっかりと除去してくれるため、鼻呼吸を意識することでアレルギー疾患を抑えることができるとされています。

したがって花粉症などにかかりやすいアレルギー体質の方は呼吸をする時は常に鼻という意識を持ちましょう。これは多くの専門家がアレルギー体質を根本から改善する方法として推奨しているので、花粉症対策にも大きく役立ちます。

鼻の中を洗浄できる花粉対策グッズも準備しておくと便利

鼻洗浄や鼻うがい、マスクの着用など基本的な対策を行えば、鼻の辛い症状は緩和することが可能です。しかし、花粉のピーク時にはこれだけでは症状が緩和できないという方も中にはいます。

そのような方は鼻の中を洗浄することができる花粉対策アイテムを一つ持っておくと便利です。「アレルシャット 鼻シャワー」はシュッとスプレーするだけで鼻の中を洗浄できる手軽な花粉対策グッズです。

洗浄ミストの成分濃度が体液に近いため、鼻洗浄にありがちなツーンとした痛みを覚えることもありません。また花粉以外にもウイルス、雑菌、PM2.5を洗い流すため、オールシーズン通して使用することができます。

花粉シーズンは徹底した対策で鼻の辛い症状を緩和しよう

スギやヒノキ花粉が全国的に舞う2月~5月にかけてはどのような対策を施しても少量の花粉は体内に入ってしまいます。したがって「ちょっとやりすぎかな?」と思えるほどの対策を施してもまったく問題はありません。

またアレルギー体質の方は鼻呼吸を意識することで、花粉症を発症しにくい体質を作ることもできます。毎年花粉の影響で鼻に辛い症状が現れる方は、今回ご紹介したセルフケアをぜひ試してみてください。

「For your LIFE」で紹介する記事は、フマキラー株式会社または執筆業務委託先が信頼に足ると判断した情報源に基づき作成しておりますが、完全性、正確性、または適時性等を保証するものではありません。